ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妙味重視の馬券が嵌りそうなメンバー構成。
この辺で一発とって置かないと、年間収支の自力優勝(100%超え)が消滅しそうなここまでの戦跡。。


【過去傾向分析】
小倉記念


総じてテン速く中盤も緩まない一貫した流れがデフォルト。スパイラルコーナーで捲りが決まるコースで、早めに来られると逃げ・先行馬は苦戦することが多い。捲れる地脚を持ち、持続力に長けた馬が最も展開的に安定し、前を掃除してくれる分、人気薄の差し・追込も穴で一考。
細かく各年の違いを見てみると、ともに前傾ながら、前崩れの'05年、前残りの'04年。このあたりは外差し傾向にあるか、馬場の確認が必要。テンそれほど速くなく、中盤も緩んだ'07年は、勝ち馬こそ差し馬であったが2~4着に先行馬が台頭した。


【展開予想】
ハナを切るコスモプラチナはスピードがあり、テンはまずまず速くなる。中盤は過去傾向のとおり、緩むことはまずないので一貫した流れ若しくはもう少し速くなると前傾までありそう。外差し傾向の馬場も後押しして、最も安定した競馬ができるのは捲れる馬で、差し・追込馬にも間に合う流れになる可能性も高い。逃げ・先行馬は余程の底力がないと厳しい展開。


【見解】
消(1)チョウサンデイ
4走前の寿S(京都10F・稍)は、馬込みを苦にしない性格を駆使して内目をロス無く回って結果を残したが、今の馬場は外差し傾向で最内枠はプラスとも言えない。能力的には一歩劣っているだけに、ここでは厳しい。

消(2)トウカイルナ
準OP勝ちの大原S(京都10F・良)の時計は平凡で、状態面のプラス材料だけでは手が届かない。

消(3)ニルヴァーナ
前走の米子S(阪神8F・良)は前傾ラップを前で踏ん張り0.6秒差なら悲観する内容ではなく、落ち着き取り戻しているとの陣営のコメントからは妙味すら感じるが、ピークの状態にも思えた'07小倉記念は、やや中盤が緩んだ絶好の先行馬有利の展開を、逃げて0.4秒差失速。今回は'07時よりも前傾化傾向と見ているので、過剰な期待は賭けられそうにない。

消(4)エリモハリアー
洋芝巧者で、時計が掛かってきて浮上してくるタイプだけに、水準以上の時計がでている今の馬場ではきつそう。

△(5)ダンスアジョイ
戦跡が示すとおり、長い直線のコースでの直線勝負が売りの馬だけに、今回の小回りコースはいかにも適正が薄く感じる。ただ、準OPの関が原S(中京・10F)で直線だけの競馬で3着に突っ込んできたこともあるし、人気もなく気楽に走れる分、拾っておきたい。

△(6)シルバープレイズ
前走の七夕賞(福島10F・良)は、思いのほか道中緩み末脚不発となったが、今回は直線に賭ける一発狙いの騎乗が功を奏する展開がありうる見立て。攻めもダイシンプランと遜色なくやれており買っておきたい馬。

消(7)マストビートゥルー
重い芝でこその馬で、水準以上の時計がでている今の馬場では、展開的にも厳しい立場にあり印は回しづらい。

△(8)ハギノジョイフル
キレは皆無で、一貫した流れになる小回りコースは望むところ。前走同様、差す競馬に徹すれば、捲れる地脚を本来持っているだけに面白い存在。

◎(9)ホッコーパドゥシャ
元来それほどスピードのあるタイプでもないので前走の七夕賞(福島10F・良)は追走に苦しんだ分、スローの流れに殺されたが、今回は好転する展開になる可能性は十分。初騎乗となる鞍上にも外が伸びる今の馬場なら手が合いそうだし、前走の敗戦で人気が鈍るようなら主役候補。

▽(10)テイエムアンコール
前走の垂水S(阪神10F・良)は、前傾ラップが完全に嵌った内容。連勝中でいかにも人気しそうではあるが、性能面で抜けた存在ではないので妙味は薄い。軽く抑え程度にして、他の妙味ある馬へ資金を配分したい。

消(11)マイネレーツェル
前走のマーメイドS(阪神10F・良)は、先行馬有利の展開を前に位置取ったにしては案外の内容。元来、マイル以下が適鞍なのは明らかなので、状態面に心配なさそうな今回でも、人気になるだけに距離適正と妙味を勘案して消しの方向で。

▽(12)コスモプラチナ
前走のマーメイドS勝ちは中弛みの流れが完全に嵌った形で、この勝利により妙味はほとんど無くなった。それでも、準OP勝ちの天の川S(新潟10F・稍)で前傾ラップを逃げ切った底力を備えているだけに抑えは必要。

△(13)エーティーボス
小回り巧者で捲って出れるのは好感。人気にならないので拾っておきたい。

消(14)クラウンプリンセス
休み明けの10F戦で完敗を喫した後、前走のマイルできっちり巻き返してきたあたり、やはり今回の10F戦へは距離適正が薄いということだろう。消しの方向で。

消(15)アンノルーチェ
前走の1000万下勝ちの時計も平凡だし、スピードのある分、流れの速くなる重賞戦は明らかな逆流で、さすがにここでは手がでない。

消(16)ドリームフライト
行き切れば面白いが、今回はスピードのある同型がおり、それが叶う展開にはなりようがなく。

○(17)ダイシングロウ
昨年の小倉記念は捲り一閃で粘りこみを図ったところを、後の宝塚記念馬に差しきられてしまったが、今回のメンバーなら当然圏内。乗り込み十分でまさにここを目標にしてきたような臨戦態勢で、近走の不振の成績欄の後押しで妙味は上がっており積極的に買いたい。

▲(18)ダイシンプラン
前走の準OP勝ちは、前傾ラップが完全に嵌った差し切り勝ちで、見た目ほどの強い内容でもない。瞬発力だけの馬ではないことは認めるも、人気先行型でここでも人気必至だし、初騎乗の鞍上にも一抹の不安を感じるここではやや評価を下げざるを得ない。


【買い目】
090802小倉10R









参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/387-02edcced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今週の日曜日におこなわれる、中央競馬の注目の小倉記念(G3・ハンデ・小倉芝2000m)を把握したいと思います。 8月2日(日)小倉競馬場では、【第45回農林水産省賞典小倉記念】(3歳上・G3・ハンデ・芝2000M)が行われます。
2009/08/02(日) 10:41:11 | 競馬SevenDays
昨日の最終決断、◎ジェネラルノブレスは出遅れ、道中脚を 使って位置を押し上げた割にはよく3着に粘ってくれました。 昇級戦であの内容...
2009/08/02(日) 12:11:46 | 中山4角先頭
【小倉記念】小倉10R ◎ダンスアジョイ 芝2000mを7戦し、勝鞍は準OP戦での1鞍のみ。ただ、負けた6戦全てで0.4秒内の着差に来ていて、安定感で言えば最も確実なのがこの距離。初コースながらその得意距離で迎える小倉記念は、過去5年勝ち馬と3着馬の着?...
2009/08/03(月) 00:37:44 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。