ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕の好きな馬のタイプは、走っても走っても人気にならない馬^^




【過去傾向分析】
'10きさらぎ賞

・スタート後、直線が長いので、テンが速くなることはなく落ち着き、上って下る3角の影響で中盤も落ち着き、上がりが速くなる流れがデフォルト。例外的に前傾ラップとなった'08も、実はメジロガストンが単騎で大逃げを打っただけで、番手以降は終いを伸ばす例年通りの競馬であった。

・上がりが速い上に、平坦コースなので、基本的に前有利。スピード&折り合いが求められる。開催後半とは言え、内の馬がよく残っている。直線勝負の追込馬は外を回すことになり、しかも速い上がりの競馬となるので、連までは届かす3着が多い結果となっている。
'10きさらぎ賞脚質



【展開想定】
内からメジャーテーストがハナを主張しそうも、この馬はそれほどスピードがあるわけではないので、テンは落ち着きそう。こうなれば、過去傾向の通り、中盤も速くなることはなく、上がりの速い流れ。前日馬場を見ると、時計が掛かっている割に内が残っている。流れに乗れるスピードは必須で、さらに重い芝もこなせるパワーも欲しいところ。



【前哨戦重賞分析】
10/01/10 シンザン記念(G3) 京都芝8F・良 時計水準:4位/過去6年
<標準>35.1-24.3-34.9=1.34.3/1.34.6(古馬1000万下)
テン速い分、上って下る3角で一息つき中盤緩んだ流れ。内の馬場がかなり良かったようで、内を通った馬だけが残るトラックバイアスとなり、前有利の展開。

09/12/20 朝日杯2歳S(G1) 中山芝8F・良 時計水準:5位/過去6年
<低速(+0.1)>34.2-24.2-35.6=1.34.0/1.34.5(古馬500万下)
テンかなり速い分、中盤緩んだ流れ。前の馬にはきつい流れで、差し有利の展開。

09/10/17 デイリー杯2歳S(G3) 京都芝8F・良 時計水準:1位/過去7年
<高速(-0.6)>34.5-24.3-34.9=1.33.7/1.34.2(古馬500万下)
テン速く中盤もそこそこの前傾ラップも、上がりも纏めた好ラップ。過去7年と比べても遜色ない好時計。差し馬有利の展開。



【見解】
…(1)メジャーテースト
前走の500万下は、超スローを逃げた割に負けすぎ。なかなか自己条件を抜け出せなかった面からも、ここでは力不足と断じざるを得ない。

…(2)ネオヴァンドーム
前走の未勝利勝ち(京都9F)は、中盤猛烈に緩んだ割に上がりの掛かり過ぎた凡ラップ。2着続きの後、ようやく4戦目に未勝利脱出した戦跡からも、重賞を勝ち負けできる決め手は期待できない。

◎(3)シャイン
前走シンザン記念(京都8F)2着の実績が目立つが、この馬の現段階でのベストパフォーマンスは前々走の中京2歳S(中京9F)。このレースでは、前有利の馬場状態の中、上がり2位に0.5秒差の最速上がりでブッコ抜いて見せたように、今回の距離延長は前走のマイルに比べて流れが落ち着く分、脚を溜めることができる。スピードあるので前にいけるし、血統の字面からは重い芝の適正も十分ありそうで、馬場の後押しもあるとなれば、前走に引き続き◎評価。週中は前走の激走によりもう少し人気すると考えていたが、血統的に地味なせいかそれほど売れておらず、妙味も十分。

▽(4)インペリアルマーチ
前走の新馬勝ち(京都9F)は、中盤締まったにしても上がりの掛かり過ぎた印象の凡ラップ勝ち。その割に、トライアンフマーチの下というだけで2番人気はいかにも人気先行で、長期的に見て、こんなタイプは軽視して妙味を追うほうが良いに決まってる。

…(5)クォークスター
前走の未勝利勝ち(中山10F)は、テン速く中盤緩んだ流れで、テン速くなったにしても上がりの掛かり過ぎた印象の凡ラップ勝ち。上がりも平凡で、さすがにいきなり重賞で通用するには厳しそう。

○(6)ダノンハラショー
前2走は、トモに疲れがでていたとの陣営のコメントどおり、能力とは程遠い内容。間を空けて作り直してきた今回の、仰天の中間攻め内容からも復調は間違いなさそう。そうであれば、デビュー2戦目の芙蓉S(中山8F)での、直線外に出すのに苦労しながら、4角9番手から差し込んできた瞬発力が、今回の舞台に合う。兎にも角にも、まだこの馬本来の性能を出し切れていない印象を受け、妙味はかなりある。

▽(7)ダイワバーバリアン
3走前のデイリー杯2歳S(京都8F)で速い流れを先団で行きたがったように、現段階では折り合いにやや難のあるタイプで、ゆったり流れて瞬発力を問われる京都9Fへの距離延長はプラスとは言えない。さらに、前走の朝日杯2歳S(中山8F)は、中山マイルの内枠を最大限活かして立ち回った結果で、これで人気になる分、軽視した方が妙味を追える。

…(8)サンライズクォリア
芝で足踏みした後に、ダートへの転戦で能力開花の文脈からは、いかにも芝向きのスピード不足。

…(9)ステージプレゼンス
前走の未勝利勝ち(京都9F)は、中盤猛烈に緩んだ割に上がりの掛かった凡ラップ。上がりも平凡で、さすがに出番はなさそう。

△(10)アドマイヤロイヤル
前走の未勝利勝ち(札幌9F)は、中盤猛烈に緩んだ流れを前で折り合い抜け出し、センスを感じさせる内容。中間の攻め内容を見る限り、完調には一歩手前を感じさせるが、能力で走ってきても不思議はない。抑えが必要。

▲(11)レーヴドリアン
前走の500万下勝ち(京都10F)は、テン速く中盤緩んだ流れも、内の馬場が良く前有利の展開を、緩んだ中盤で捲り上げ、上がり2位に0.6秒差の最速上がりで決め手を見せた強い内容。スタートに後手を踏む分、今回の想定ではアタマまでは厳しいが十分圏内で、人気でも中心視。



【見解】
<本線>
馬連:◎-○,▲(2点)

<抑え>
馬連:◎-△(1点)
単勝:◎(1点)
複勝:○(1点)

<抑えの抑え>
馬連:◎-▽(2点)

<一発狙い>
3連単:◎→○,▲→○,▲,△,▽(8点)





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/438-deb4fd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 投資をかじったことのある人ならば  ポートフォリオ戦略をご存知でしょう。  し...
2010/02/14(日) 08:05:11 | 元祖無知の知
【きさらぎ賞】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。
2010/02/14(日) 09:09:50 | 【血統フェスティバル】blog
多くの傾向項目が1つの記事で把握できる競馬SevenDaysブログ。《まとめ表》上位馬絶好調。2月7(日)京都競馬場では、【きさらぎ賞】(3歳・G3・芝1800M)が行われます。
2010/02/14(日) 09:51:29 | 競馬SevenDays
昨日の一鞍、東京10Rの銀蹄ステークスで本命としたツ クバホクトオーは2着も、セイカアレグロが抜け、的中は 複勝のみと寂しい結果に。 ...
2010/02/14(日) 12:29:18 | 中山4角先頭
【ダイヤモンドS】東京11R ◎ダイワワイルドボア 3000m菊花賞で4番人気に支持され、3600mステイヤーズSでも差の無い競馬をしたダイワワイルドボアの距離適性に期待。そのステイヤーズS勝ち馬のフォゲッタブルが、明け4歳ではやはり苦しいと言える57kg...
2010/02/20(土) 09:12:00 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。