ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重賞戦線で戦ってきた馬多数の準OP戦で、追込一辺倒の昇級馬が圧倒的人気。
このフレーズを聞いただけでワクワクするのに、さらに普段は馬券を買わない人々も運試しするG1レース直前とくれば、さらに人気馬への投資は加速しそうで、妙味ビンビン(≧∇≦)b


【想定展開・馬場傾向】
何が何でも逃げにこだわるタイプはいないが、マイネプリンセス・ブライティアパルス・エーシンコーファーとスピード馬が揃い、テンから緩むことはまずないだろう。それに、底力自慢のクーデグレイスが早めに動き出す挙動を見せれば、上級クラスの東京マイルの傾向どおり、中盤締まり、さらに上がりも纏める底力&持続力を求められる。これに、4角→直線に当たる5F→6Fで瞬時にラップが上がる際の最低限の瞬発力も当然必要で、正に総合力勝負。
前日馬場を見る限り、水準以上に時計が掛かることは間違いないが、それほど悪化してるわけでもない。また、内の馬場がやたら良く、恐らくこれは週中に転圧している影響と見たい。このレースまでに芝のレースが4鞍組まれており、極端な内有利とまではいかないだろうが、外を回すと不利になる馬場と位置づけておきたい。



【見解】
▽(1)ヘヴンリークルーズ
前走のターコイズS(中山8F)3着は、内枠有利の枠&コースと、50kgの軽量を最大限に活かしきった結果で、額面通りには受け取れない。3走前の準OP(東京7F)では、スローを前で折り合いながらキレ負け、4走前の1000万下(新潟7F)では、一貫した流れを先団から抜け出した強い競馬。この文脈からは、7F辺りで持ち前のスピード&底力を活かしきる競馬がベストで、より瞬発力を求められる東京マイルはキレ負け必至。中間も良く動けており無視はできないが、前走オープンクラスでの激走明けだけに、妙味は薄いので軽視する方向で考えたい。

…(2)マイティースルー
前々走の1000万下(東京7F)で、水準以上の瞬発力があることは証明しているが、クラシック戦線では全く見せ場無く終わっているところを見ると、今回求められる底力には疑問符がつく。

▽(3)パールシャドウ
1000万クラスの札幌2戦で見せたハイパフォーマンスは、パワー血統を鑑みると洋芝適正が活きた結果と見える。キレが求められる東京マイルの適正は薄いが、時計が掛かり始めている今の馬場なら、お手上げ状態までではなく、乗り方ひとつ。ユタカJ乗り替わりで妙味はないので、抑えの抑えまで。

…(4)マイネプリンセス
3歳時のスイートピーS(東京9F)で、テン速く中盤大きく緩み、上がりの速い中弛みの流れを、番手に位置取りながらキレ負けした内容を見ると、本質的には東京向きの素軽さがあるとは思えない。前走のように小回りで持ち前のスピードを活かしきる形がベストだろう。

…(5)アメジストリング
かなりズブいタイプで、適距離とは言えないマイル戦では追走に苦労しそう。道中脚を使う分、いつもの終いの脚につなげることも難しいだろう。

×(6)リビアーモ
小回り中山でも後方一気を決める瞬発力は目を見張る。今回、展開もある程度向くのは間違いないが、昇級戦でこの不器用な競馬振りながら、1番人気ではいかにも危なっかしい。ここは抑えまで。

△(7)ブライティアパルス
スピードがあるので、マイル戦でも追走に苦労することはなさそうだし、秋華賞で0.4秒差の底力の持ち主。当然、抑えが必要。

…(8)シャランジュ
4走前の1000万下(東京7F)勝ちは、スローをまんまと逃げ切っただけで、価値は薄い。ここに入るとさすがに見劣る。

△(9)クーデグレイス
言わずと知れた、前傾ラップの秋華賞とローズSを唯一前で粘りこんだ底力馬。マイル変わりも持ち前のスピードを活かせそうで、◎評価まで考えたが、休み明けの割に追い不足が気になる。これではさすがに重い印は打ちづらく、相手評価まで。

…(10)エーシンコンファー
小回りで小脚を使って粘りこむ形がベストで、東京の長い直線は、いかにも厳しそう。

×(11)スペルバインド
前走(東京8F)は、開幕週で前が止まらない馬場を、後ろから捌くのに苦労して脚を余した印象。最終週で流れが向くとあれば、当然、浮上は可能。

…(12)フレンチノワール
ダートで結果を残してきた馬が、東京でキレを活かす競馬ができると考えることは、普通はできない。

◎(13)ブーケフレグランス
ムラ駆けは否めないが、スピードのあるこの馬にとってマイル変わりは良さそうだし、前が引っ張ってくれる展開なら追走に気を使う必要もなく、徐々に加速していく形に持ち込めそうでキレ負けの心配も無い。3戦続けて四位Jが乗れるのもプラスで、そろそろ一変あっても不思議はない。能力の割に、前走の人気を大きく裏切った戦跡のお陰で妙味が追えそうで、ここから入ってみたい。

×(14)マイネエスポワール
展開も向くし、キレも水準以上。通用しても驚けない。

…(15)ラフレッシュブルー
前走の東京8Fは展開向くも、キレ負け。底力まで求められる今回は、さすがに荷が重そう。



【買い目】
<本線>
馬連:◎-△(2点)

<抑え>
単勝:◎(1点)
馬連:◎-×,▽(5点)

<抑えの抑え>
複勝:◎(1点)

<一発狙い>
3連単:◎→△→△,×,▽(12点)






参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/440-23d22abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。