ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当日の馬場状況を重視した予想としたいので、今週からブログのアップ手順を以下の通り変更します。

(事前予想段階)
・過去傾向分析
・展開予想
・各馬精査

(当日)
・馬場確認後の最終見解
・買い目


【過去傾向分析】
まずは週中の過去傾向分析を再掲。

'10スプリングS

・この時期の3歳戦にはスピードのあるマイラータイプも多く出走しており、1角までの距離が短いコース形態も相まって、古馬戦に比べてテンが必然的に速くなる傾向がある。その上で、中盤が落ち着くか、中盤も速い前傾ラップとなるかの2種がデフォルト。

・前傾ラップの'05こそ追込馬がともに連対を果たすも、基本的には流れに乗れるスピードは必須。それに、できるだけ距離損を少なく、内を回ることが重要で、外を回すのは論外。

・'09は例外として、デフォルトは急激にラップの上がることなく、一貫した流れ。


※穴を開けるタイプに共通しているのは、底力。これにスピードがあり水準以上の瞬発力があれば鬼に金棒。前傾ラップになれば、捲りを打てる馬が安定。イン差しが嵌ることもあり、穴で一考。
人気を裏切る馬に多いのは、瞬時の反応力がなくジワジワ伸びて良さを出す東京向きのタイプでやや評価下がる。
各年個別の分析は以下。

~テン速い分、中盤落ち着いた流れ~'08・'07
'08<穴開け>
①6人スマイルジャック…スピード&底力十分で、瞬発力も水準以上。
②11人フローテーション…徹底したイン差し狙い。
'08<人気飛び>
⑥3人ドリームシグナル…マイラーで、8Fできっちり止まった。
⑫2人サダムイダテン…原因よく分からない。出遅れて流れに乗れなかったのは確か。
'07<穴開け>
③6人エーシンピーシー…スピードはあるが、瞬時の反応力はなくジワジワ伸びる東京向き。その適正の差で、連対を逃したと見たい。
'07<人気飛び>
⑨2人フェラーリピサ…レース前にパニックになり、イレ込みがきつかった。
~テン速く、中盤も速い前傾ラップ~'06・'05
'06<穴開け>
①4人メイショウサムソン…スピード&底力十分で、瞬発力も水準以上。
'06<人気飛び>
⑩3人トーホウアラン…小回り9Fは忙しい。徐々に加速するタイプでもある。
'05<穴開け>
①5人ダンスインザモア…流れが速くなり、後方から差し届いた。イン差し。
②8人ウインクルセイド…展開嵌って後方から差し込む。道中はインを回り、直線だけ外に出す好騎乗。
③7人トップガンジョー…外枠からスッと先行してすぐに内に入れ、1角で外を回らずに済んだ。3角から徐々に位置を押し上げ、持続力溢れる走り。前の馬が早々に止まったことで、抜け出してフワフワした。
'05<人気飛び>
⑥1人ペールギュント…後にスプリント戦で活躍したように、距離か?
⑬3人パリブレスト…?
⑭2人ヴァーミリアン…久々の分?



【展開予想】
馬鹿っ速い馬はおらず、過剰にテンが速くなることはなさそう。人気どころは決め手を生かすタイプが多く、早めに前を捕まえに行くことはないだろう。
決め手に勝るローズキングダムを沈める競馬を考えるなら前で粘りこむ形しかない。瞬発力に劣る底力タイプは人気薄ばかりで、早めに動いても無視されそうなのは好都合で、その間隙を狙っていくべき。



【各馬精査】
(印の見方:◆軸候補、◇相手候補、?浮上には馬場の助けが必要)

消(1)アブラハムダービー
芝で流れに乗れず終いだった馬が、ダート変わりで未勝利脱出では、明らかにスピード不足。最内枠で外にも出せず、かといってイン差しできるほどの決め手があるようにも思えず、狙いが立たない。

?(2)ゲシュタルト
前走の500万下(京都8F)では、勝負どころのスピードが乗る所で不利を受け減速した。これが無ければもっと詰め寄れていたはずで、それでも上がり最速を計時したのは瞬発力が水準以上であることの証明。今回、内でずっと脚を溜め、イン差し強襲に徹しそうで嵌れば浮上できる。

◆(3)ローズキングダム
スタートが安定しているし、従順な気性で行きたがる素振りも見せない。瞬発力も既に水準以上を証明済みだし、何よりこの馬の武器は一瞬でトップスピードに持っていける反応の良さ。今回も好位から瞬間的に脚を使って差しきる競馬を取りそう。

消(4)スティルゴールド
まだ仕上がり切っていない馬体でデビュー勝ちした結果からは能力を伺い知れるが、スローの新馬しか経験していない馬が、小回り重賞の厳しい流れに即座に対応するのは至難の業。ここを使ってからの推移に期待したい。

◇(5)アリゼオ
テン速くなったホープフルS(中山10F)でも先団で流れに乗れたスピードで、今回も好位を取れそう。そのホープフルSでは緩んだ中盤で脚を溜め、直線に入って抜け出す立ち回りの巧さを見せたが、前走の共同通信杯(東京9F)では直線長いコースで最後は伸びが鈍くなる場面。この文脈からは、現状では位置を取って小脚を使う小回りの方が良さそうな感。

?(6)バシレウス
前走の500万下(東京9F)は、中盤締まった中、上がりも纏めた好ラップ勝ちで、時計は古馬1000万下並の優秀なもの。これを中団から徐々に位置を押し上げ差しきった底力&持続力は目を見張るものがある。ただ、小回り中山ではスピードが足りないので、やや後手を踏んでしまいそうで、捲りを打つにはどうしても一旦外に出す形となり、距離ロスが大きい。捲りが嵌るかも馬場次第。

?(7)アロマカフェ
流れに乗れるかは現段階では半信半疑であるが、馬体が絞れるにつれ勝負どころで捲って長い脚を使えているのは持続力を評価できるところ。馬場次第で浮上できそう。

消(8)バーディバーディ
ダートでは疑いようのない能力を発揮しているが、デビュー戦での0.5秒差負けを見ると、さすがに芝への適正は薄そう。この時期の3歳戦によくある芝レースへの未練からの出走で、数々のダート一流馬が人気を裏切ってきた。

◆(9)カワキタコマンド
前々走の共同通信杯(東京9F)は、スローの流れでハナを切るもキレ負け、次走の500万下(東京9F)では、番手で流れに乗り、中盤かなり締まった流れで上がりも纏めたラップを、踏ん張って底力を見せた。この文脈からは、小回り中山変わりは明らかにプラスで軽視はできないし、ここに来ての攻め強化は好感。瞬発力は無いので、早めに動いてどこまで粘りきれるかだが、マークは薄そうで展開は向くので、底力に期待したい。

◇(10)アグネスティンクル
ここ2戦は流れに乗れず仕舞いだが、元来スピードのある馬なので、9Fなら先行してきそう。芙蓉S(中山8F)の勝負どころで反応の鈍いところを見せたようにズブさが多少あるので、勝負どころで早めに動く形を取りそう。

◇(11)サンライズプリンス
デビュー2戦での着差は大きいが時計は平凡。ただ、ほとんど追っておらずスケール感は抜群で、時計以上の強さを持つのは間違いなさそう。現状では未知数。

◇(12)サンディエゴシチー
流れに乗れるスピードはあるし、今なら折り合いに心配は無い。前走の東スポ2歳S(東京9F)で、大捲りでやや末を無くしたレースぶりからは、持ち前のキレを生かした方が良さがでそう。

消(13)ジョーヴァリアント
未勝利勝ちの時計も平凡で、さすがに荷が重い。

消(14)サクラエルドール
先団で流れに乗れる二の脚の速さはあるが、さすがにこの枠では1角の進入で外を回らされそうで、距離損が心配。先団から持ち前のキレを生かす競馬に徹しそう。

消(15)ソリタリーキング
芝でのスピードは未知数だし、ダート戦でも前に行けないところがあるしで、この枠なら後手を踏むことになりそう。その分、1角進入での距離損は大きそうで、早めに動き出す形を現段階では取らざるを得ず、3~4角でも距離損ありそう。



【見解】
※馬場は内外互角で、やや時計の掛かる馬場。

◎(9)カワキタコマンド
○(3)ローズキングダム
△(2)(5)(10)(11)(12)
×(6)(7)



【買い目】
<本線>
馬連:◎-○(1点)

<抑え>
馬連:◎-△(5点)

<抑えの抑え>
馬連:◎-×(2点)
ワイド:◎-○(1点)
複勝:◎(1点)

<一発狙い>
3連単:○→◎→△,×(7点)
3連単:○→△,×→◎(7点)




参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/449-d10c15b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。