ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロピアンが巻き返す中山12.5Fは、絶品のコース設定だわ^^

【過去傾向分析】
週中の過去傾向分析を再掲。

日経賞


・1枠の良積が目立つ。スタート後、すぐにコーナーに差し掛かるので、この部分で距離ロスを抑えることができるのは大きいということだろう。
日経賞_枠


・スピードがありすぎる必要はなく、中団から4角で位置を押し上げ差し込む持続力が求められる。また、捲る際は外を回さないことが重要で、外を回すと連対が難しくなる印象。


※長距離をこなせるスタミナが最重要項目。12F以上に良積があるタイプが人気薄で激走し、スピード型中距離馬が人気で飛ぶ図式。尚、スタミナに不安のある中距離馬でも、'06・'05のようにテンの6.5Fが緩めば誤魔化しが利くことも覚えておきたい。

'09
<穴開け>
①4人アルナスライン…12F以上に良積。
②7人マイネルキッツ…ズブくなり、長距離馬となってから連対。
<人気飛び>
④2人アーネストリー…10Fベストで、スピードある先行馬。
⑦1人ネヴァブション…体調面か?

'06
<穴開け>
②6人ストラタジェム…12F以上に良積。
③8人ブルートルネード…10F以下ベストの中距離馬。テン6.5Fが速くならず、上がりの速い流れとなり、スタミナが問われなかったのが良かったか。
<人気飛び>
⑧2人コスモバルク…10F以下ベストの中距離馬。12.5F以上に良積ほぼ無し。スピードのある先行馬。
⑩3人フサイチアウステル…12.5以上に良積なく、マイルも走れるスピード馬。

'05
<穴開け>
①5人ユキノサンロイヤル…9Fベストの中距離馬。テン6.5Fが速くならず、スタミナを問われなかったのが良かったか。
<人気飛び>
⑥1人コスモバルク…同上。



【展開想定】
逃げ馬不在。押し出されるようにキングストレイルがハナを切る形が予想されるが、長距離戦でガリガリ行くことはなく、道中は緩みそう。それでも、持続力自慢の揃った今回は仕掛けどころの速いロングスパート戦必至で、スタミナに不安のあるタイプが粘りこめる隙は無いと見て、過去傾向のとおり持続力適正重視で問題ないと見たい。



【見解】
△(1)トリビュートソング
前走の準OP勝ち(中山12.5F)は、外枠から終始外を回り距離損がありながら、捲って差しきり優秀な持続力を見せた。今回は同舞台で相手が大幅に強化されるとは言え、過去傾向分析でも有利とされている最内枠で、前走とは一転、距離損の心配がなく妙味ある。積極的に買ってみたい。

消(2)エアジパング
スタミナに不安は無いとは言え、格上相手に長期休み明けで、攻め量も不足しているようでは期待薄い。

△(3)ダイワワイルドボア
ここに来て攻め強化は好印象だし、一昨年のセントライト記念で捲って見せた機動力&持続力は中山コースへの適正の高さを表しており、拾っておくべき馬。

◎(4)ネヴァブション
昨年のこのレースで1番人気を裏切った要因と考えられるのはローテーション。前年秋のオールカマーから始動し、7戦目のAJCC勝ちで燃え尽きたような印象を受ける。それに比べれば、今年の臨戦態勢は絶好で、昨秋G12戦を叩き台にして、完調一歩手前の前走のAJCC勝ち。今回は更に状態が上がっていそうだし、一昨年の勝ち馬で適正も十分。流れに乗れる分、展開の影響も受けにくいし、最も大崩れの考えにくいタイプなので、人気でも中心視。

△(5)マイネルアワグラス
新馬戦以来の芝で、やれるかどうかは不明だが、長距離ダートで結果を出している戦績からは、持続力の問われる中山12.5Fに適正があっても驚けない。ここは拾っておこう。

△(6)マイネルキッツ
以前は中距離でも好位に位置取れるスピードを見せていたが、今はズブいが追って味のあるステイヤーで、狙いどころがはっきりしている。昨年のこのレース2着で既に適正を証明済みな割に、近走の着順が不振な点と地味なキャラも相まって驚くほど人気がない。前走のAJCC(中山11F)は、本質的に忙しい距離で流れに乗れなかったが、内が残る展開の中、4角10番手から大外を回り差し込み出来落ちは感じられない。何より適正を完全に把握している陣営がここを目標に仕上げられている感さえ伺える。ただ、3度目となる59kgはやはり楽ではないし、流れの落ち着く今回はやや展開的に差し遅れる危険性を孕んでいるので、軸までは持って来れない。

消(7)メイショウドンタク
さすがに今回のメンバーでは荷が重そう。

▽(8)エアシェイディ
以前はマイルで勝ち負けするスピードを武器にしていたが、今やズブくなり中長距離向きで、今回の距離でも全く不安はない。ただ、前走の有馬記念の展開ドンピシャで3着の内容から人気してしまい、妙味は薄い。長期休み明けで攻めも軽く、同厩の僚馬の熱の入れようとは対照的な印象で、目標は先なのだろう。

消(9)マンハッタンスカイ
得意の中京・小倉辺りでも結果の出ない近走からは、望み薄そう。

▽(10)ナムラクレセント
一昨年の菊花賞3着は、前の組が崩れる中、行きたがる素振りを見せながら4角2番手から粘りこみ、底力を見せた。ただ、今回は長期休み明けでその時の出来にはなく、その割にやや人気しすぎており妙味は薄い。ここは軽視したい。

消(11)ビエンナーレ
この中に入ると、適正うんぬんの前に力で見劣る。

消(12)キングストレイル
不振続きで、長距離に境地を見出してきたのだろうが、明らかにスタミナ不足。

消(13)トーセンクラウン
距離に不安がある上に、外目の枠で距離損が気になる。ここはスタミナ不足と見て、消し。

消(14)タガノサイクロン
距離適正なく、スタミナ不足で失速濃厚。

▽(15)ロジユニヴァース
長期休み明けの上に、距離損が大きい最悪の大外枠。ダービー馬で当然人気になるので、ここは軽視して妙味を追える。



【買い目】
<本線>
馬連:◎-△(4点)
<抑え>
馬連:◎-▽(3点)
<一発狙い>
3連単:◎→△→△,▽(24点)





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/451-f59c76a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。