ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
ドリームジャーニーがカンカン負けしたとしても、あっさり勝たれてしかたないくらい、弱体メンバー。。

【過去傾向分析】
'10大阪杯

・ハイレベルG2とは言え、中盤が落ち着くのが最近のトレンド。テンはバラバラで、逃げ馬の先行争いの有無で流れが変わる。
・出走頭数も多いが、サンデー系が安定して力を出せる舞台。急坂2回を上るコース形態は、額面よりもスタミナを問われ、最後の坂でも瞬発力が必要となるので、中長距離瞬発力型サンデーに嵌るのであろう。
'08はかなりの高速馬場で行われたため、前に行った馬で内を回らないとどうにもならない馬場であった。



【各馬精査】
(印の見方⇒◆:軸候補、×:抑え、▽:狙い下げ、?:当日の馬場次第、消:消し)

消(1)フィールドベアー
洋芝待ち。

◆(2)サンライズベガ
叩き良化型で、叩き2走目で攻めも強化してきた今回は、前回よりは動けそう。決め手勝負に持ち込むと分が悪いので、積極的に前に圧を掛ける鞍上へのスイッチは手が合いそう。馬場の後押しがあれば、軸にも置けそう。

×(3)ヤマニンキングリー
昨夏の札幌記念はブエナビスタに競り勝ったとは言え、低レベルであったことはラップを見ても明らか。現に、秋に入って一線級との戦いでは手も足も出ていない。それでも、長期休み明けでもきっちり調教を消化されており、力はだせそうで、拾っておこう。

?⇒消(4)ホッコーパドゥシャ
キレは無く、エンジンの掛かりが遅い馬なので、小回りコースで浮上するにはどうしても外差し馬場の助けが必要。

◆(5)タスカータソルテ
流れに乗れるスピードはあるし、中京コースが得意なように持続力が持ち味の馬で、阪神10Fは得意な範疇のはず。叩き2走目で状態も良さそうで、妙味ある。

消(6)ゴールデンダリア
重賞で勝負できるだけの底力の裏づけがなく、現状は上がりの競馬の方が良い。さすがに小回り10FのG2で、その流れを想定するのは難しい。

消(7)シェーンヴァルト
10Fでは掛かる心配があり、最後は息切れしそう。中山金杯のようにレースを壊すような騎乗だけはご遠慮頂きたい。

▽(8)ドリームジャーニー
昨年の勝ち馬でもあるとおり、阪神10Fには適正十分。ただ、59kgを背負った昨秋のオールカマー・前走の京都記念と軽量馬だけに斤量が堪えて、やや末が鈍った印象を受ける。それでいながら、大人気必至となれば妙味は薄く、積極的に買う気は起こらない。

?⇒消(9)サクラオリオン
これも外差し馬場にでもならない限り、浮上は難しい。

×(10)ショウナンライジン
今回もハナを奪えそうな面子だけに、抑えが必要だろう。

?⇒消(11)テイエムアンコール
サンデー系の強いレースを凌駕するほどの瞬発力は当然なく、さらに近走は流れにも乗れない点を勘案すると、余程外差し馬場にでもならない限り、捲っていっても距離ロスが響きそう。

消(12)エアシャトゥーシュ
阪神10Fに適正はありそうだが、準OP勝ち上がりの内容からは、さすがに荷が重そう。



【展開想定】
今週からBコース変わりとなり、週中の雨の影響もなく、内も良く時計も標準的に出る馬場。
前走、逃げて結果を残したショウナンライジンが今回も行く気を見せれば、他にハナにこだわる馬はおらず、それほどテンが速くなることはなさそう。中盤は例年通りコース・クラスなりの流れに落ち着きそうで、馬場も勘案すると基本的に前有利の展開と見たい。



【見解】
◎(2)サンライズベガ
○(5)タスカータソルテ
▽(8)ドリームジャーニー
×(3)(10)

<本線>
馬連:◎-○(1点)
<抑え>
馬連:◎-×(2点)
馬単:◎,○→▽(2点)
<一発狙い>
3連単:◎,○→◎,○→×,▽(6点)
<抑えの抑え>
複勝:◎(1点)






参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/453-a01b3ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック