ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
2歳戦線から続く前哨戦で、各馬のキャラは掴めてきた。
その成果をどう馬券に表現するかが試される、3歳春クラシックG1は競馬の醍醐味^^

【過去傾向分析】
'10桜花賞

・初めて阪神8F外で行われた'07年は、新装当初にこのコースで行われた他のレースと同様、スローの上がり勝負。しかし、各ジョッキーがコース慣れしてきた'08以降は道中のペースが上がり、底力&瞬発力&持続力をほどよく問われる東京8Fにも似た総合力勝負となっている。ただし、桜花賞に限ると、この時点では後のスプリンターも混在して出走してくるので、上記の傾向に加えてテンが速くなるのが特徴。

※ペースアップした'08年・'09年での展開の特徴は、テンが速くなり大きく緩むところもないので、スピードに勝ちすぎたタイプは急流に飲み込まれるのがオチ。中団で流れに乗れて、締まった流れでも差し込める底力&瞬発力が鍵を握る。各年の穴開け・人気飛び馬の精査は以下。

'09<穴開け>
③5人ジェルミナル…2走前のフェアリーSで緩んだ流れを瞬時に反応し、決め手を見せていた。外差し馬場の恩恵も後押しして、その適正を活かし浮上した。
'09<人気飛び>
⑧3人ダノンベルベール…外差し馬場で最内枠が応えたし、イレ込みがきつかった。
'08<穴開け>
①12人レジネッタ…流れに乗れるスピード&瞬発力を証明済みだった。展開向いて浮上した。
②15人エフティマイア…寒い時期が良くない馬が、暖かくなり状態上向き、力を出し切った結果。
③5人ソーマジック…流れに乗れるスピード&底力を証明済みだった。
'07<穴開け>
③7人カタマチボタン…2歳時、牡馬混合の500万下で差し有利の展開を先行して押し切る強い競馬を演じていた。
'07<人気飛び>
⑦2人アストンマーチャン…本質はスプリンターで、3歳戦になると2歳戦時のように誤魔化しが利かず、距離適正に泣いた。



【各馬精査】
(印の見方⇒◆:軸候補、×:抑え候補、▽:狙い下げ、消:消し)

×(1)ショウリュウムーン
前走のチューリップ賞勝ち(阪神8F)は、道悪馬場の割にテン・中盤とも速く、上がりも纏めた好ラップで差し有利の展開。中団で流れに乗ったスピード、4角5番手から差しきった底力&瞬発力とも優秀。その前走は明らかに権利を取りに行った仕上げで、出来落ちがないかだけが心配だったが、中間の攻め内容を見る限り良い出来をキープしていそう。ただ、最内枠はスムーズな競馬ができるかどうか分からず、危なっかしいので抑え評価まで。

消(2)ギンザボナンザ
前々走クイーンC惨敗、中山変わりのアネモネSで巻き返しという戦跡からは小回り向きは明らか。そのアネモネSとて、平凡な時計で価値はほとんど無く、今回は力負け濃厚。

▽(3)アプリコットフィズ
前走のクイーンC勝ち(東京8F)は、テン・中盤とも過去と比較しても速い割に、上がりも纏めた好ラップ&好時計。内の馬場が良く、前有利の展開を、番手で楽に流れに乗ったスピード、直線に入って更に決め手を見せた折り合い&瞬発力は優秀。
前々走のフェアリーS(中山8F)は、テン猛烈に速く、中盤も速く上がりの掛かった前傾ラップで差し有利の展開。中山8Fの外枠で外を回らされた割に、4角3番手から前傾ラップを粘りこんだ底力は優秀。
この2戦でG1で戦える底力&瞬発力を証明済みで当然主役候補ではあるが、以下の3点を懸念材料として人気馬の中ではこの馬を狙い下げて見たい。①フェアリーSでは直線は右手前のままで、サウスポーの可能性がある。②重い印を打つアパパネ・アニメイトバイオ・シンメイフジに比べ、ここまで順調に使われてきており、状態面での上積みは見込めそうに無い。③今回が初の長距離輸送で馬体細化が心配。

消(4)コスモネモシン
フェアリーS・フラワーCと中山重賞で結果を残してはいるものの、時計は平凡。総合力勝負となり誤魔化しが利かない阪神外回りでは、力負けしそうな感が否めない。

消(5)モトヒメ
マイルは本質的に長い上に、流れが速くなるG1戦ではスタミナ切れ必至。

消(6)ワイルドラズベリー
過去傾向分析で挙げた、スピードがありすぎて速い流れに巻き込まれるタイプそのもの。

×(7)タガノエリザベート
表舞台に躍り出た3走前のファンタジーS勝ち(京都7F)は、テンが猛烈に速く、その分、中盤が大きく緩み、上がりの速い中弛みの流れで、逃げ・番手と追込が嵌る展開。前半は行きたがるのを抑えて追走し、展開嵌ったにしても4角16番手から上がり2位に0.7秒差の最速上がりで差しきった瞬発力は秀逸。
前々走の阪神JFはファンタジーSと同様、後方で脚を溜めるだけ溜めて最速上がりを叩き出すも、流れが落ち着き流石に届かなかった。
前走のすみれS(阪神11F)はスローの上がり勝負を、先団で位置を取りにいくも0.4秒差の惨敗。やはりこの馬は末脚勝負に賭けてこそだと陣営も腹を括ったはず。
これまで阪神コースで(0,0,0,3)と坂を苦手にしている印象を受ける戦跡も影響して、阪神JF3番人気から一気に人気暴落しているが、厳しい流れになる8F戦なら見限るのは、まだ早い。嵌れば浮上も可能なので、抑えが必要。

×(8)オウケンサクラ
切れる脚は無いが、追えば追うほど味のあるタイプ。鞍上はそれを見越した騎乗ができるので軽視はできない。

◇(9)アパパネ
前々走の阪神JF勝ち(阪神8F)は、中盤緩み、5F⇒6Fで0.5秒、6F⇒7Fで0.7秒ラップが速くなり、上がりの速い流れ。直線が長いとは言え、ある程度の位置を取っておかないと届かない展開。心配されていた折り合いは問題なく、直線はガラ空きの内に進路を変え、ロスなく追え、4角10番手から差しきった瞬発力は優秀。
前走のチューリップ賞2着(阪神8F)は、道悪馬場の割にテン・中盤とも速く、上がりも纏めた好ラップで、差し有利の展開。久しぶりのレースで重かったし、道悪馬場も影響したとの騎手の弁。しかも、大外枠で前に壁を作れず、前半は掛かり気味で前へ。それでも、4角3番手から休み明けを強く感じさせるレース振りながら、よく粘りこんでおり、底力を評価できる。
今回の舞台に向けて一級の瞬発力と一定の底力を既に証明したし、前走以降も栗東に残り実に入念な攻め内容からは、前走からの上積みは間違いなくある。人気でも中心視。

消(10)レディアルバローザ
悪く言えば、小さく纏まった完成度の高い馬で、小回りでこそこの馬のスピードが活きる。今回の舞台では急流に巻き込まれて失速するのが目に見える。

×(11)エーシンリターンズ
ハイレベルとなった前走のチューリップ賞(阪神8F)で0.1秒差なら、当然圏内。抑えが必要だろう。

消(12)ステラリード
イレ込む気性で、もう少し短い距離の方が良い。

◆(13)アニメイトバイオ
3走前の京王杯2歳S2着(東京7F)は、テン・中盤とも速い前傾ラップも、上がりも纏めた好ラップで、差し・追込に向く展開。展開向いたし最内を回ったにしても、4角17番手から上がり2位より0.5秒速い最速上がりで差し込んだ瞬発力は優秀。
前々走の阪神JF2着(阪神8F)は、中盤緩み、5F⇒6Fで0.5秒、6F⇒7Fで0.7秒ラップが速くなり、上がりの速い流れ。直線が長いとは言え、ある程度の位置を取っておかないと届かない展開。中団で流れに乗り、巧く乗られるも直線に入って勝ち馬にアッという間に交わされたが、最後はまた差し返してきたように長く脚を使えるタイプ。
底力・瞬発力・持続力と今回の舞台で勝ち負けできる水準にあることを既に証明済みだし、前走のアネモネSは明らかにヤラズの仕上げで、今回は初めてハードな追い切りを消化し上積みは大きそう。なにより、阪神JF時に成長に合わせているのでまだ仕上げていないのに立派との騎手の弁からは伸び代が期待でき妙味十分。

消(14)ジュエルオブナイル
距離が長いのは明らか。

消(15)サウンドバリアー
前走のフィリーズレビュー勝ち(阪神7F)は、中盤が緩んだ割に上がりの掛かった凡ラップを、自身はそれほど速い脚を使ったわけでもないのに差しきれた低レベルレース。今回のメンバー相手には厳しい。

×(16)ラナンキュラス
ズブい馬なので、小回りよりは直線長いコースの方が走りはしやすい。前走2着してしまっただけに妙味は薄いが、抑えは必要だろう。

◆(17)シンメイフジ
新潟2歳S(新潟8F)で見せた瞬発力は圧巻だし、攻め内容からは状態面での上積みも大きそう。前々走の阪神JFはまともに出遅れながら、それなりに力は見せたし、何よりここまで人気を落とすのは不当で妙味十分。暖かくなって復調してきた感じで、エフティマイアの再来に思えて仕方が無い。
消,プリンセスメモリー,前走のクイーンC(東京8F)はよく追い込んで来ているが、勝負が決まってからやって来ただけ。



【展開予想】
スプリント色の強い馬は見当たらず、例年ほどのテンの速さにはならなそう。さらに高速馬場なので、後ろからでは間に合いそうに無い。流れに乗れないタイプは見送りの方向で。
⇒消(7)タガノエリザベート


【結論・買い目】
◎(13)アニメイトバイオ…-20kgは影響ないように祈るのみ!
○(17)シンメイフジ
▲(9)アパパネ
▽(3)アプリコットフィズ
×(1)(8)(11)(16)

<本線>
馬連B:◎,○,▲(3点)
<抑え>
3連複F:◎,○-▲-×(8点)
<抑えの抑え>
3連複F:◎,○-▲-▽(2点)
<一発狙い>
3連単F:◎,○,▲→◎,○,▲→◎,○,▲,▽(12点)







参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/454-d3e5f723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック