ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
前回、この場でいつしたか思い出せないくらい、久々のレース回顧エントリ。
ただ、今後は気合入れて回顧にも力を入れていくつもり(。-∀-) ニヒ♪
まずは、馬場差を加味したラップで、過去5年との比較をしておこう。

'10:23.5-35.2-24.6=1.23.3 マルモセーラ
'09:22.9-35.6-22.8=1.21.3 タガノエリザベート
'08:23.7-37.2-22.6=1.23.5 イナズマアマリリス
'07:23.6-33.7-24.3=1.21.2 オディール
'06:23.8-34.1-23.3=1.21.2 アストンマーチャン
'05:23.0-34.9-23.5=1.21.4 アルーリングボイス

今年は、中盤緩んだ部類に入るが、それにしても上がりが掛かり過ぎた凡ラップ。勝ちタイムも最低水準で、はっきり言って低レベル。基本的に前有利の流れも、上がりが掛かったことにより、後ろの組も間に合う展開。流れが向いた先行馬を額面どおりに評価できないのはもちろん、上がりが掛かったお陰で差し込んでこれた後ろの組も、過大な評価は与えづらい。上がり2位に0.5秒差の最速上がりでタイム差なしの3着に差し込んだホエールキャプチャは、直線で捌くのに苦労した面もあった点を考えると強い内容だったとも取れなくもないが、それにしてもビジュアル的には次走人気しそうなレース振り。引き続きユタカJ鞍上で人気するようなら、レース自体のレベルを鑑みて、疑ってかかった方が妙味を追えそうだ。

そもそも、以下に示すとおり、ファンタジーSは本番の阪神JFに直結しないレース。
・阪神8F外となって行われた'06~'09の、ファンタジーS組の阪神JF成績
(0,1,2,18/21)単率0.0% 単回0 複率14.3% 複回29 平着9.6 平人8.0
それにもまして、今年の低レベルとくれば、JFでは、別路線組に期待した方が良さそうというのが、結論。





参考になりましたら、クリックお願いしますm(__)m
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/463-09d53e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック