ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
(7)オンワードカイザーの前走は、ハイラップを自ら刻みきつい展開となったが、0.4秒差に粘ってみせ底力を見せた。この時の時計も優秀で、ここでは中心的存在。常に安定した力を発揮できるタイプで波が少なく、軸馬に最適。

人気しそうな中では、(2)ブライトウィークが軽視できそう。前走の1400mでは追走に苦労した様子を見せたように、現状は1700m向きの馬と言える。

相手候補は混戦模様で(8)(10)、前走不振も力はある(1)(5)あたりか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/473-af172164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック