ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終週となった中山開催。このところ集中して予想してきた中山ダート9F、今日明日の予想で攻略法を定着させたい(≧∇≦)b


逃げたい(11)プレシャスジェムズだが、内に(1)(5)(2)とスピードのある馬がおり、ハナに立つまで難儀しそう。こうなると余分にペースアップするのでテンが速くなる。さらに、先行馬の数も多く、厳しい流れとなり底力の有無が鍵を握る。また、前有利のコースであるとは言え、ここまで速くなるなら差し馬にも展開向くはず。

◎(4)マエストラーレ
前走の準OP4着(中山9F)は、前有利の緩い流れをよく差してきた。3走前の1000万勝ち(中山9F)で、中盤速く準OP並の好時計決着を差し切り、優秀な持続力&底力を見せており、能力の裏付けもある。それなら、前走からの展開の上積み見込める今回は妙味あり、積極的に買ってみたい。

○(15)バロンビスティー
それまでは底力の裏づけが薄いタイプだったが、前々走の準OP7着(中山9F)からは能力の片鱗が垣間見れた。長期休み明けで余裕残しの造りの中、後にハイレベルレースと判明したここで、1.0秒差と健闘。叩き良化型のテキで今回が3走目。攻めの動きも上々だし、なによりここでウチパク乗り替わりはいかにも勝負気配。妙味ビンビン!!

▲(6)タガノジンガロ
前走の1000万勝ち(京都9F)での、速いテンでも番手に位置つけたスピード、差し有利の流れを粘りこんだ持続力&底力とも優秀。ただ、直線急坂での実績薄く死角になりうるだけに、それで人気なら妙味を勘案して、できれば1頭軸からはズラして買いたい。というわけで、3番手評価。

×(14)サイオン
×(16)ヒシパーフェクト
ともに差し向きの展開なら浮上できそうだが、やや底力の裏づけは薄い。上位3頭と比べると印は軽くならざるを得ない。

消(2)リバプールサウンド
前走の1000万勝ち(阪神9F)は、ラップ・時計ともに平凡。この程度では今回の舞台では壁に当たる。

消(3)ドリームマイスター
前走大差負けし、攻めも平凡。まだ時間がかかりそう。

消(11)プレシャスジェムズ
好走時は常に展開の後押しがあったもので、底力の裏づけも薄い。それにしては人気サイドで妙味ない。

消(12)ヒラボクワイルド
戦跡は見栄えするが、底力の裏づけ薄い。8F・8.5Fあたりで楽に先行できるスピードは、距離延長・今回の想定ラップでは過剰な域で、危険な人気馬。消して妙味を追いたい。

消(13)バルーン
前走の1000万勝ち(中山9F)は、前残りの流れを差し切り、今回の想定展開なら好転とも言えるが、如何せん底力の裏づけが薄い。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/484-7a790057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。