'11-2-20東京9Rセントポーリア賞 予想

中央競馬回顧
02 /20 2011
ハナにこだわるタイプはおらず、折り合いを重視するこの時期の3歳戦ならスロー確定。


◎(13)ヴェルデグリーン
折り合いに難がなく、従順。上がり勝負でもモタつくところは今のところない。血統的には東京が合わないはずはなく、触手が動く。

○(11)リヴェレンテ
キンカメ産駒で、新馬での長く良い脚を使った持続力&瞬発力はいかにも東京向き。

▲(16)サクラフローレス
スピードがあるのでこの枠はそれほど悲観する必要はなさそう。新馬の内容からは東京の方が適正ありそう。


△(1)カピオラニパレス
内をロスなく立ち回り、イン差しできる器用さがあるので安定した力を発揮できる。

△(10)ミレニアルドリーム
反応の良さが際立つところは今のところはないので、現段階では直線長いコースの方が良さそう。今回は折り合いの技術を持つ騎手への乗り替わりで、更に切れが増す可能性がある。

×(7)グレートマッハ
デビュー戦で見せた瞬時のギアチェンジ、2戦目で見せたダートでの体たらく振りからは、芝の方に適正があり、最大の惑星馬。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。