ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
例年、中盤の4F・5Fで緩み、その分、上がりが速くなるのがデフォルト。メリハリのあるラップ構成で、瞬時の反応の良さが必要となる。

今回のメンバー構成ではハナにこだわる馬もおらず、例年以上に緩む可能性すらある。この流れの中、断然人気のレーヴディソールに立ち向かうには、発馬がそれほど早くないこの馬よりも前に位置取り、瞬時の反応で直線で出し抜けを喰らわすしか手がないか。その一番手はユタカJ乗り替わりで更にキレを増せそうなタガノラヴキセキ。

重い馬場巧者のヨーロピアン、反応の鈍いタイプが集まったこともあり、パンパン馬場でキレを求められる展開となった方が絞って勝負できそう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/495-3153d3d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【チューリップ賞】の予想。過去4年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。
2011/03/05(土) 09:07:33 | 【血統フェスティバル】blog
【第6回夕刊フジ賞オーシャンS2011】予想参考資料の『オーシャンS予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/03/05(土) 10:26:37 | 競馬SevenDays