ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中山10Fの重賞というと、道中緩むことのない厳しいラップを想像するが、こと弥生賞に関しては中盤緩むのが特徴的。本番の皐月賞へ繋がるレースとは呼べず、むしろダービーに直結する。

今回もハナにこだわる馬はおらず流れが落ち着くので、例年どおりの緩い流れとなりそう。
緩んだ所で行きたがらない折り合い、展開利を享受できる前に位置取れるスピード、それに水準以上の捲ってからの持続力&瞬発力。これらの能力を求められるレースになる。

本命を予定しているウインバリアシオンの状態面、どこが伸びる馬場なのかによりプレイ・ショウナンマイティの序列を変える等、直前の情報により印を変える要素があるので、結論を急ぐことはできない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/497-08f2759f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【弥生賞】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。
2011/03/06(日) 08:29:42 | 【血統フェスティバル】blog
【第48回報知杯弥生賞2011】予想参考資料の『弥生賞予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。  見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/03/06(日) 09:53:14 | 競馬SevenDays
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。