ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事前にアップした展望はこちら

×(2)アッパーイースト
東スポ杯では差し有利の厳しいを、前で踏ん張ってみせた。小回りの方が良さを活かせるし、人気もないので抑えておこう。

×(3)プレイ
主導権握れるので無視はできない存在も、馬場は内外互角の傾向にあり前に行くアドバンテージは大きくない。逆に瞬発力が不足している分、キレ負けしそう。

消(4)デボネア
前傾ラップとなった京成杯で2着に差し込んできた底力は優秀も、緩んだ流れで軽さを求められると危ういヨーロピアン。流れが緩む今回は、浮上するには馬場がかなり重くならないと厳しそう。

▲(5)オールアズワン
行きたがる気性がやや気になるが、折り合いにかけては一流の名手が鞍上だけに必要以上に不安がることもないだろう。小回り適正を十分認識した使い方で、馬も結果を残している分、妙味という面では強調できないが、普通に上位。

消(6)サダムパテック
スミヨンですら御せなかったFSでの気性の悪さがあるのに、折り合い能力のそれほど高くない岩田Jへの乗り替わりは心配。軽視して妙味を追いたい。

◎(7)ウインバリアシオン
瞬間的なキレを求められると弱いが、小回りコースなら捲れる地脚があるので相殺できる。ラジオNIKKEI2歳Sでは差し有利の展開を前で踏ん張った底力&持続力は、小回りコースでこそ活きる。京都外回りのきさらぎ賞でキレ負けした後の中山変わりはプラスで妙味ある。

消(9)ターゲットマシン
スタートが遅く後手を踏みそうだし、追って味のあるタイプで長い直線向き。それに自分からは早めに動かないこの鞍上では、とても間に合いそうに無い。その割に人気しており、軽視して妙味を追う。

消(10)ギュスターヴクライ
距離が延びるほど結果を残してきたスタミナ馬で、距離短縮となると、ただでさえ追走に苦しむスピードの無さが更に足かせになる。

○(11)ショウナンマイティ
レースを重ねるたびに折り合えるようになってはきたが、燃えやすい気性で外枠で壁が作れないのがどうか。折り合いさえつけば、反応&瞬発力はここに入っても上位で間に合わせてこれるし、外枠で競馬もしやすく外も伸びる馬場の後押しが期待できる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/499-80438dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【弥生賞】中山11R (人気ランキング) ◎トーセンマルス 3戦目となった東京コースでようやく差し届いた形の前走でも、長い直線を目一杯に使って追い込んできた印象はない。ギ ...
2011/03/14(月) 04:01:19 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。