ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
3月のJRA競馬は売上の一部が義援金に充てられるそうで、競馬ファンとしては趣味で力になれるとは、うれしい限りです。


さて、阪神開催となった今年のファルコンSは、大外枠に入った中舘J騎乗の一番人気馬が華々しく散ってくれそうな展開で、馬券妙味十分の楽しみな一戦。
当日の馬場次第で、差し馬の評価を大きく上げる可能性があるが、現段階での評価は以下のとおり。

◆(6)スギノエンデバー
ベストが6Fであることは、前走のクロッカスS(東京7F)での失速振りを見れば明らか。今回、四位J乗り替わりで末に賭ける競馬なら、ハイペース必至の今回は福島2歳S(福島6F)・すずらん賞(札幌6F)の差し実績を活かせ、展開利見込める。適距離変わりで妙味もあり、軸候補。

◇(10)ピュアオパール
6Fでスピードを活かす形がベストの快速馬。デビュー2戦目のカンナS勝ち(中山6F)で見せたスピード&底力はここでも十分通用する。近3走は不適の距離を使われており、今回適距離に戻れば巻き返しが見込め、妙味ある。福永J乗り替わりで無理に前へ行くことはしないだろうが、差しに回ったときの末の脚は未知数で、軸には押しづらい。

◇(11)テイエムオオタカ
前走のアーリントンカップ3着(阪神8F外)での、苦手なはずの外回りでも粘りこんだ底力&持続力は見どころあるし、スピードが活かせる短距離・小回り変わりはプラス。大幅な距離短縮となるが、どんな距離でも持ち前のスピードを武器にしてきており、速さ負けする心配はなさそう。逆に、8Fでも折り合えた実績からは、逃げにこだわる競馬をする必要がなさそうで、速くなりそうなら控える形も取れ、大崩れは考えにくい。

外が伸びる馬場なら買いたい差し馬。
(3)ロビンフット
(4)マジカルポケット
(12)ファーマクリーム

消(16)アフォード
スピードはこのメンバーでも上位だが、今回、最悪の大外枠。内に速い馬が数頭いてハナに立つのは至難の技で、ハナを取りきってもそれまでに使った脚が後半応えてくるし、ハナを取りきれなかったら外を回らされ距離ロスが心配。初めての急坂コースでこれだけロスがあれば、直線での失速が目に浮かぶ。中舘Jならハナを譲る気配を見せそうもないので、ハイペース演出の役回りをきっちり果たしてくれそうで、波乱の演出を期待!。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/500-2efe4eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。