ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニシノステディーがハナを奪う構えも、内に速い馬が多くすんなり逃げられるというわけにはいかない。それでも引かない幸Jだけに、テンがかなり速くなりそう。それに加えて先行馬が多く、ハイペース必至。差し向きの展開が見込めるが、馬場が渋化していることもあり、追込までは届きづらく、追走スピードの無い馬にはきついか。


◎(14)スピードリッパー
前走のフェアリーS2着(中山8F)は、テン・中盤とも速い前傾ラップを、外枠から終始外を回らされながら4角2番手まで強気に捲って、粘りこんだ強い内容。非凡な底力を示した一戦となった。ゲートセンスがあり、スピード負けすることもないので置かれる心配もないし、この鞍上なら差しに回って展開利も見込める。今回、鞍上強化と、外枠で競馬もしやすいとくれば文句無く軸候補。

○(11)フレンチカクタス
前々走の500万勝ち(中山8F)は、前傾ラップを4角4番手から差し切り、底力を見せた。その時は直線しばらく前が壁になっていたが、開いてからは瞬時に反応して見せた。小回りコースでは、この反応の良さは一気に出し抜けを喰らわせられるので、大きな武器になる。早くから栗東に入厩し、臨戦態勢にも好感持てる。

▲(9)フォーエバーマーク
スピードはあるが、折り合いがつくのでハイペースに付き合うこと必要はない。水準以上の持続力&底力を持ち、力は上。

△(12)ドナウブルー
燃えやすい気性で、距離短縮はプラス。今回は速い流れが予想され、より競馬がしやすいだろう。新馬勝ち(京都8F内)は、新馬戦とは思えない前傾ラップを番手から抜けだし、非凡な底力&持続力を見せたように能力は非凡。ただ、短期放牧明けの割に本数をやれておらず、トライアル仕様の仕上げのように思われ、人気になることだし軸馬にはしたくない。

×(7)カフェヒミコ
×(13)オーシャンフリート
毎年、このレースは一貫したラップとなるのでダート馬が穴を開ける。今年はこの2頭を抜擢したい。

消(1)マイネショコラーデ
最内枠でロスをなくしたいので、持ち前のスピードを活かして前に行く形となりそう。そうなると、ハイペースに巻き込まれることになるし、予想されるタフな流れを、長期休み明けでこなせるとは思えない。

消(5)ツルマルワンピース
道悪適正・小回り変わりの妙味と買いたい材料はあるが、能力的には一歩足りず、ここまでは手を広げづらい。

消(15)ニシノステディー
右回りだとモタれる面があるのでラチを頼って走りたいが、今回は外枠で内にスピードある馬が多く、行き切るまでに脚を使う。更にハイペースに巻き込まれる可能性が高く、展開的に厳しい。

消(16)クリアンサス
すんなりハナを切れれば強い競馬もできるが、今回は内に速い馬が多く、この大外枠から先手を取るのは至難の技。そうなると、他馬を怖がる一面があるので、まともな競馬ができないかも。

'11フィリーズレビュー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/502-2057f793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。