ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピード・気性・枠を勘案すると、ハナに行くのは(8)クリアンサスか。これに(17)オースミイージーあたりも続き、テンが緩むことはない。他にも前に圧を掛けるタイプも多く、締まった流れになるのは間違いなさそうで、馬場次第では追込まで届く可能性。前の組は馬場の助けがないと、かなり厳しそう。


【軸馬候補】
(11)シャイニーホーク
格上げ戦・小回り変わりで流れが締まるのは、折り合い面に課題のあるこの馬にとってプラス。アンカツ乗り替わりで差しに回ってくるはずで、展開面のアシストも見込める。人気でも逆らいようがない。

(15)エーシンブラン
7Fはベストで、距離短縮はプラス。瞬発力に劣るので一貫した流れが見込めるのは好都合だし、外枠で差しに回って競馬もしやすい。妙味十分。

【相手候補】
(9)ゼフィランサス
前走は蓄積した疲労が応えて伸び切れなかった。休みを挟んだリフレッシュ効果が見込めるし、一貫した流れは臨むところ。積極的に買いたいタイプ。

(10)ファーマクリーム
前々走のクリスマスローズS(中山6F)で、前残りの展開を唯一後ろから差し込んだ決め手を持つ。前走のファルコンSでは不発だったが、引き続き注意が必要。

【馬場次第で穴で一考】
(6)タイセイファントム
攻め2本とヤラズの可能性もあるが、馬場次第では浮上できるヨーロピアン。2歳時はオープンクラスを賑わしていた能力があるし、この人気なら拾って見ても損はない。

【馬場次第では軽視したい】
(18)プランスデトワール
エンジンの掛かりがやや遅いディープ産駒で、初距離・鞍上の性質を加味すると差しに回るのは間違いなさそう。浮上するには外差しでスタミナが求められる馬場が必要で、時計がそれほど掛からない馬場なら間に合わない可能性ある。人気でもあるし、馬場次第で軽視できる。

【消し】
(1)ダンシングロイヤル
スタートが速く、スピードもある。さらに、最内枠で揉まれる可能性を考えると控える形は取りづらい。そうなると、急流が予想される今回は展開が向かず、完調一歩手前の感の攻め内容からは、失速濃厚。

(5)サンデースイセイ
大トビで小脚を使えるタイプでもないので、直線長いコース向き。しかも今回は内目の枠で、揉まれる可能性大。

(8)クリアンサス
今回はハナを奪える可能性高いが、牡馬相手に圧を掛けられ続けて、それを跳ね返す底力を期待するのは酷。

(16)タガノラヴキセキ
反応が良く、高速馬場で切れる脚を使う形がベスト。力を要す今の馬場は良さが殺がれる。その割に人気先行しており、全く妙味無い。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/505-7d300774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。