ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナにこだわるのは(14)リキサンマックスも、内に6Fでも前に行けるスギノエンデバーがおり、すんなりハナを叩けない可能性がある。こうなるとテンが少し速くなる可能性あり。道悪が残る上に、早めに動き出すタイプも複数おり、瞬発力だけを問われる展開は考えづらく、底力&持続力が必要となる。
尚、差しが嵌るかどうかは当日の馬場次第。


【軸馬候補】
(2)ダノンシャーク
行きたがる気性なので、今なら距離短縮が合う。前走の若葉Sは急流前傾ラップを、外から捲り上げ差し込み、持続力&底力を見せた。これに水準以上の瞬発力も併せ持つので、元来、外回りの方が向く。攻めもよくやれており、妙味十分。ただし、気性的に燃えやすいところがあるので、パドック・返し馬は注視が必要。

【相手候補】
(4)グランプリボス
掛かる気性で、距離短縮はプラスだし、中1週で4本と今回はヤリの仕上げを感じる。想定している流れなら、この馬の底力・持続力が活きるはずで人気でも中心視。

(7)ドナウブルー
前走のフィリーズレビューは休み明けの割に軽い攻め内容で、ヤラズの造り。その割に、4角15番手から大きく外を回らされながら、差し込み、底力を見せた。底力に裏づけされた芯のある末脚は、今回の一貫した流れでの直線長いコースがピッタリ嵌る。攻め強化も好感持て、妙味十分。ただ、燃えやすい気性の持ち主なので、パドック・返し馬には注視が必要。

(16)リアルインパクト
休み明けを仕上げてくるテキではなく、目標は先だろう。それでも、デビューから一戦ごとに厳しくなるラップにも対応してくる底力は大物感十分。状態面の不安だけでは切りきれない。

【穴で一考】
(1)ロビンフット
前走のファルコンSはさすがに忙しかったが、それでも、4角12番手から差し込み、底力&瞬発力を見せた。今回の距離延長なら追走も楽になるので、攻め案外を度外視して妙味を追いたい。

×(17)オメガブレイン
前走の500万勝ちで見せた持続力&持続力は優秀。時計も優秀だったし、軽視できない。

【妙味なく軽視】
(5)ディープサウンド
特に妙味は感じないが、大崩れは考えづらいタイプで抑えが必要。

【消し】
(6)エーシンジャッカル
一貫した流れの8F外をこなすスタミナは、今の段階では感じられない。

(8)エイシンオスマン
小回りコースでスピードを活かす形がベスト。

(10)ニジブルーム
マイルよりも、長距離でスタミナを問われた方が良い。

(11)スギノエンデバー
6Fベストのスプリンター。さすがに初距離8Fの外回りではスタミナが足りない。

(14)リキサンマックス
この馬の前に行って踏ん張る能力は、直線平坦の方が合う。

【馬場次第で拾う手も】
(18)キョウエイバサラ
前走のアーリントンCは、内の良い馬場が嵌った印象で、過剰な評価は禁物。底力は認められるので、前が残る馬場なら一考。

【馬場次第で軽視したいタイプ】
(15)ラトルスネーク
反応の良さ&瞬発力が武器で、高い水準にある。ただ、この能力はパンパン馬場でこそ活きるので、馬場が渋ったときにどうか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/506-9141b887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【ニュージーランドトロフィー】阪神12R (人気ランキング) ◎ディープサウンド 2歳500万下の東京1800m戦としては出色のタイム、1分47秒4で百日草特別を制したデ ...
2011/04/14(木) 03:38:16 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。