ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナにこだわる馬はおらず、どの馬がハナを切ってもテンは落ち着く。ただ、前に位置取るブラボーデイジーは底力を活かした競馬に持ち込みたいので、前に圧をかけ、一貫した流れに。ヨーイドンの上がりだけの競馬とはならず、底力もそれなりに求められる。ただ、昨年('10)を除けば、牝馬限定G1ということもあり、このレースは混合G1に比べて道中は緩み、上がり重点の競馬。

先に言っておくと、近走で長めの距離ばかり使われ、後方からの競馬が予想されるブエナビスタ。この馬はゆっくり追走して終いの脚に賭ける競馬がベストで、テンから急がされるマイルが決して得意ではないというのが私の見立て。
ブエナを沈めるにはどうするかを考えた場合、前述のレース展開を勘案すると、位置を取れるスピード&終いの瞬発力&瞬発力を繰り出す折り合いに、ある程度の底力を持つ馬が最有力。この条件に達しているタイプは当然買えるし、そうは言っても、このレベルにまで達した能力の馬はそうはいないので、前で勝負できる馬の粘りこみ(&有力どころの差し損ね)も一考したい。


◎(16)アパパネ
水準以上の瞬発力&持続力を持ち、騎手の指示にも従順で捲ることも可能。競馬が巧く、大崩れしないタイプ。初めての牡馬混合重賞となったマイラーズCでは、正直、底力不足を心配したが、意外にも厳しい流れを後ろの組では最先着となる差し込みを見せた。やはり力があるのを感じたし、ブエナが過剰に売れているだけに、このオッズで買えるというのも妙味ある。

▲(17)ブラボーデイジー
スピードがあり、9Fも走れるスタミナも兼ね備えており、一貫した流れを自ら刻んで粘りこむ東京マイルがベスト条件。今回はマイペースで行けそうで楽しみな存在。

△(1)ワイルドラズベリー
多少カッカするところはあるが、スピードがあり、溜めれば切れる瞬発力を持つので、マイルはベストディスタンス。ここまで人気落ちするなら積極的に買える。

△(2)アニメイトバイオ
テン・上がりが速く、中盤緩んだ中弛みの流れとなったローズSで、中団で流れに乗りやや不利な位置取りとなった中、差し込んできた。このときに見せたスピード&折り合い&瞬発力のコンビネーションは、今回の舞台で求められるところ。

△(15)アプリコットフィズ
3歳時のクイーンC@東京で、高い水準のスピード&折り合い&瞬発力を披露しており、マイル適正あり。攻めを見る限り復調気配を感じられるし、今のユタカなら過剰人気を心配する必要もなく、買える。

×(6)オウケンサクラ
前走の福島牝馬S@新潟では、前崩れの展開を唯一前で粘りこみ、初ブリンカーの効果絶大。今回も有力どころが差し損ねてくるようなら、雪崩れ込める可能性ある。

×(9)ショウリュウムーン
安定感はないが、ハミを変えた'11京都牝馬Sで一変して見せた、瞬時の反応&瞬発力は大きな武器。見限る訳にはいかない。

▽(13)ブエナビスタ
近走、中長距離ばかり使われていること、終いの脚に賭ける競馬をしたいのでテンから仕掛けることはしないことを勘案すると、今回も後方からの競馬となる。ベストはテンゆっくり出して、終いに持ち前の瞬発力を発揮できる中長距離戦。テンから速い展開になったり、スピードも求められるマイル戦では、意外と脆さを見せる印象。

'11ヴィクトリアマイル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/516-152a97c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第6回ヴィクトリアマイル2011】予想参考資料の『ヴィクトリアマイル予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/05/15(日) 09:55:06 | 競馬SevenDays
【ヴィクトリアマイル】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。
2011/05/15(日) 11:02:14 | 【血統フェスティバル】blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。