ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
例年の傾向を見てみると、この時期の東京コースは時計が掛かるので、全体的に流れが前傾化し上がりの掛かる流れ。それでいて差し有利の展開かというとそういうわけでもなく、最後はどの馬も脚が上がって雪崩れ込む形となる。直線でのキレは必要なく、長く脚を使って踏ん張れる持続力こそが重要なファクター。

今回のメンバーは、ハナにこだわる馬はおらず、テンが速くなることはない。ただ、昨日の道悪が残っているのと、例年の傾向からは中盤は締まってくるはずで、上がりだけの競馬にはなりえない。流れに乗れるスピード、持続力を発揮する競馬が嵌る。


△(2)スズジュピター
スピードがあるので流れに乗れるし、絶好枠で距離ロス無く進めるのもプラス。瞬時に反応できるタイプではなく、エンジンが掛かるのに時間が掛かる方なので、今回の舞台設定の東京は合う。

×(3)ダークシャドウ
前走後はトモに違和感が出たとのことで、ここまで待機。その前走大阪杯は圧巻の内容で、後の春天馬にタイム差無しの底力はかなりのもの。ただ、ややスピード感に欠ける感じで、初距離の9Fで流れに乗れるかは微妙なところだし、中間は追い不足を感じさせる内容。この点を逆手にとって、圧倒的人気だけに軸馬にするのは避けておく。

○(5)マッハヴェロシティ
前走の新潟大賞典2着は、4角6番手から大外を回り距離ロスが大きく、また展開も勝ち馬に比べると厳しいものだったがタイム差無しの好走。着差以上に強い内容だったことを考えると妙味はこちらの方がある。

▲(6)セイクリッドバレー
瞬間的に脚を使うタイプではなく、徐々に加速して良い脚を長く使えるタイプ。キレ味が殺がれる今の馬場の中、一貫した流れとなる舞台は大好物。人気必至も逆らえない。

◎(11)ダンツホウテイ
瞬時に反応できるタイプではないので、馬場渋化はプラス。直線長いコースでノビノビ走って良さがでるタイプだし、中間の攻め内容からは体調が良さそう。4走前の大阪城S(阪神9F)は前傾ラップの中、先団から抜け出して見せた持続力&底力を見せており、着差以上に強い内容。時計も優秀だったし、今回の舞台にも繋がるレース。

▽(14)アニメイトバイオ
タフな馬場・流れとなる牡馬混合戦での底力勝負をこなせるか半信半疑。普通に考えれば牝馬だけにかなり厳しいレースになるのは間違いない。人気サイドであることを勘案すると、ここは軽視して妙味を追いたい。

△(16)アクシオン
一昨年の出来には程遠く感じさせる近2走の走りも、これは絞れないで苦労していたもの。汗をかく時期に乗り込み入念で、絞れてきそう。人気にもならないし、元々の性能を評価して拾っておこう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/519-b24d2db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第28回エプソムカップ2011】予想参考資料の『エプソムC予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/06/12(日) 08:34:57 | 競馬SevenDays
【エプソムC】の予想。過去5年の1~3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。
2011/06/12(日) 08:55:04 | 【血統フェスティバル】blog
【エプソムカップ】東京11R (人気ランキング) ◎アクシオン 唯一の重賞2勝馬で、1800m8戦5勝の専門職。高齢馬の久々で、元々調教も動かないこの馬が、今週珍しく集 ...
2011/06/19(日) 08:19:15 | お馬の親子