ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開幕週の小回りコース。シンプルに考えて前有利。
生粋の逃げ馬不在の淡々とした流れで、距離ロスなく回れるかが大きなテーマ。スピード&持続力性能で序列を定め、一発警戒するならゴチャつく直線で抜け出せる瞬発力タイプ。


◎(1)レディアルバローザ
前走のヴィクトリアマイル(東京8F)は、前傾ラップを先団で流れに乗り粘りこんだ強い内容。このマイルで前付けできるスピードと持ち前のスタートセンスがあるなら、最内枠は絶好。強豪アヴェンチュラ相手でも一切の距離ロスを抑えられる今回は互角以上に戦える。

○(9)アヴェンチュラ
前走の漁火S(函館9F)は、向正面の坂にあたる中盤でかなり速くなったにも関わらず、上がりも纏めた好ラップ&好時計。この流れを先団から抜け出した底力&持続力は秀逸で、デビュー戦で見せた非凡な能力が垣間見えた印象。はっきり言ってその内G1で勝ち負けするのは間違いなく、ここに入っても1番人気は当然。ただ、◎レディアルバローザが絶好の最内枠に入った分、それに比べて距離ロスがある。それを跳ね返して勝ちきるまでの能力差は無いと見ているだけに、○評価まで。

▲(6)ブロードストリート
切れる脚があるので、直線でゴチャついても抜け出してこれる。安定感は望みづらいが、嵌れば一発ある。

△(5)アスカトップレディ
前走のマーメイドS(阪神10F)は、最内枠から直線前が壁となり抜け出せず、瞬発力のないこの馬にはきつい展開となった。セールスポイントは底力&持続力で、前々走のパールS(京都9F)勝ちは、前傾ラップを先団から抜け出し好時計勝ちして見せた。前走の敗戦が迷彩になるようなら妙味ある。

△(11)ショウリュウムーン
瞬発力はこの中に入っても抜けている。アテにしづらいタイプではあるが、嵌ればカミソリの切れ味を見せる。

消(4)アニメイトバイオ
前走の七夕賞(中山10F)はたまたまスタートがうまくいったが、最近はスタートがゆっくりでテンに行けなくなってきた。長く脚を使うタイプで、直線長いコースの方が断然よく、前有利の小回りコースではエンジンを掛けきれない。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/527-a301174d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第59回北海道新聞杯クイーンS2011】予想参考資料の『クイーンS予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/08/14(日) 09:14:36 | 競馬SevenDays
【クイーンステークス】札幌11R (人気ランキング) ◎ブライティアパルス 札幌開催へ移行後の過去11年中、函館競馬場改修で異例の2開催目となった一昨年を除けば、残る1 ...
2011/08/20(土) 03:36:08 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。