ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
◎(6)キングトップガン
前々走の目黒記念(東京12.5F)では、これまで差しに徹していた馬が突然の前付けしたように、ここに来て走ることに集中してきている。前走の函館記念は直線で行き場がなくなり進路を外に変更して差し切る強い内容で、同じ洋芝のここでも十分勝負になる。

○(13)トーセンジョーダン
フォトパドックからは、調教代わりの前走宝塚記念を使って明らかに状態良化。この状態に戻ればG1を勝ち負けできる素材でここに入れば力は断然上。あとは大外枠による距離ロスがどこまで応えるかで、人気を加味すると大崩れは考えられないがアタマはない馬券の組み立てで妙味を追いたい。

▲(2)アクシオン
洋芝専用マシーンで、実際昨年のこのレースはまだ本調子でないにも関わらず、G1馬2頭に次ぐ3着と気を吐いた。以前は調教を強くやれない面があったが、今回は中3週で4本の攻めを消化し、量・質ともに申し分なし。前走の内容からも状態の良さが伺え、買いたい馬。

△(3)ヤングアットハート
捲れる器用さもあるし、前走の準OP(中山10F)勝ちは力の違いを見せつけた好内容。2・3走前に重賞でも接戦を演じたのはフロックではないことを印象付けた。

△(7)マイネルスターリー
前々走の巴賞(函館9F)は休み明けで58kgを背負いながらの完勝で力を見せた。前走の函館記念(函館10F)は大外枠で終始外を回らされる厳しい競馬だっただけにノーカウントとすれば、無類の洋芝実績からも今回の巻き返しは必至。前走が迷彩となり人気も下がってくるので、妙味ある。ただ、フォトパドックからは状態面の上積みは感じられず、抑えまで。

×(8)レッドディザイア
フォトパドックからは、最悪の状態にあった有馬記念からは一変しており、力を出せる状態。ただ、反応が鈍い面があり元来直線が長いコース向きで、小回りなら坂の下りを利用できる京都か、スパイラルコーナーが欲しいところ。

消(4)カリバーン
フォトパドックからもいかにも休み明けの仕上げ。使ってからだろう。

消(10)コスモネモシン
前走のクイーンS(札幌9F)は思わぬハイペースのなり、展開向いて差しこんだ。今回はその流れの再現はありえず、しかも相手が一枚も二枚も上。

消(11)ダンスインザモア
小回りコースの追込馬。浮上にはどうしても外差し馬場が必要となるが、内の良い今の馬場でそれは叶わない。距離ロスが大きいし、瞬間的に脚を使えるタイプではないので、物理的に間に合わない。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/528-f979098c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック