ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
逃げたいマイネルファルケが11番と外目の枠に入った。中山8Fのコース形態を考えると、何とかハナを取り切って内を回りたいはずで、外から押していけばテンが速くなる。これに生粋のスプリンター メイビリーブが突いてくるなら、更にペースが前傾化。震災の影響で今年は福島代替で夏場に競馬を使ったことから、前日馬場を見る限り、外が伸びる馬場状態。
速い流れでも追走できるスピード、そのペースを受けてさせる底力が必要。


【軸馬候補】
(2)オセアニアボス
前2走はともに前有利の展開を、外を回り差しこむ着差以上に強い内容。例年通りの内有利の馬場ならイン差しを期待して筆頭評価を下したいところだったが、今年は前日段階ではやや外差し傾向にあるだけに、最終決断は馬場の推移を見てから。

(8)フィフスペトル
速い流れを集中させると良さがでて、小回りコースでの良績に繋がっている。マイル以下でも走れるスピード&重賞で勝負してきた底力と、今回の舞台設定なら申し分ない。

(9)タマモナイスプレイ
前走の北九州記念(小倉6F)は忙しかったとの鞍上の弁にあるように、8Fへの距離延長はプラスに働きそう。元来6Fでも先行していたスピードが活かせ、過度に瞬発力を求められない中山マイルが今なら合うはず。軽い芝が得意なタイプで開幕週も望むところだし、例年に比べ内が理不尽によい馬場にはならなそうで、この枠でも勝負できる。


【状態次第で拾ってみたい】
(1)コスモセンサー
同舞台で行われた年初のニューイヤーS(中山8F)では、中盤がかなり締まり上がりの掛かった流れを、番手から2着に粘りこんだ強い競馬。この時の荒れ始めた内の馬場でも影響されなかったパワーからは、今の馬場状態でも最内枠を最大限に利用できる。あとは状態面がどこまで戻りきっているか。


【軽視の方向】
(5)エアラフォン
前走の関屋記念(新潟8F)は、レースラップ的にはテン・中盤とも速い厳しい流れであったが、この馬はレースの流れには乗らず、後方で脚を溜める競馬に徹した。直線長いコースで持ち前の瞬発力&芯のある末脚が嵌ったもので、今回求められるスピード・底力とは異質。さらに、出遅れ癖を内包しており、スタートで後手を踏むようならさらに競馬は難しくなるはず。そんな馬が1番人気必至なら、軽視して妙味を追いたい。

(7)レインボーペガサス
前走の関屋記念勝ち(新潟8F)は前傾ラップを先団から抜け出す強い競馬で、今回想定している流れにも繋がる競馬。ただ、その後の経過が気になる。前走後、時計を出したのは3週以上が過ぎた8/31。さらにその日に撮影されたフォトパドックを見ると明らかに緩い馬体。これは長期休み明けで激走した反動が出たとみて間違いなさそう。当日の下見での状態面にもよるが、今回は状態面から軽視ができそう。


【消し】
(3)スズカコーズウェイ
発馬で後手を踏むので速い時計の馬場で流れに乗れないし、内目の枠で揉まれるわで難しい競馬になりそう。

(4)マイネルフォーグ
長期休み明けなのに、中間2本。ここは調教代わりだろう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/531-79123e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第56回京成杯オータムH2011】予想参考資料の『京成杯AH予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/09/11(日) 08:58:34 | 競馬SevenDays
【京成杯AH】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。
2011/09/11(日) 09:19:44 | 【血統フェスティバル】blog