ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生粋の逃げ馬不在で仕方なくウオッカがハナを切った'08・'09を除くと、ハイレベルメンバーでのG2戦だけに道中から一貫したラップが刻まれる厳しい流れで、上がりだけの競馬にはなりえない。今回も2年連続で出走してきたハイペースの逃げ馬シルポートが前を引っ張り、底力で取捨できる予想しがいのあるレースだ。

生粋の逃げ馬が前を引っ張った過去4年('10・'07・'06・'04)での過去傾向を探っておこう。まずは前走距離別成績。
・同距離(0,0,0,5/5)単率:0.0% 連率:0.0% 複率:0.0% 単回:0 複回:0
・距離延長(1,2,2,14/19)単率:5.3% 連率:15.8% 複率:26.3% 単回:15 複回:71
・距離短縮(3,2,2,20/27)単率:11.1% 連率:18.5% 複率:25.9% 単回:246 複回:92
次に、連対馬の過去3走でのマイル実績。
・8F(2,2,1,5/10)全レースに占める割合:45.5%

上記2点のデータから浮かび上がる適正は、距離短縮の成績が良い⇒ハイレベルメンバーの一貫した流れで、しかも東京コースで直線長いだけに額面以上にスタミナが求められる。マイルでのレース実績多し⇒スタミナだけでなく、一貫した流れを苦にしないスピードも併せて必要となる。
まとめると、スピード・スタミナ・底力を高いレベルで求められ、更に東京コースを勘案すると瞬発力も当然必要となってくる、総合力勝負。


(1)エイシンアポロン
1年弱の休み明け初戦で厳しい流れが予想される今回、普通に考えればかなりきつい条件で、使ってからに期待したい。

(2)シルポート
絶好の2番枠で他に逃げたい馬もいないので、無理せずマイペースに持ち込める。ただ、東京9Fのハイレベルレースを乗り切れるだけのスタミナという面では物足りない。余程内が良く前が残る馬場にでもならない限り、最後失速する可能性が高い。

(3)ダノンヨーヨー
マイル実績豊富で速い流れでも追走に苦労することはないし、マイルCS(京都8F)2着の実績から底力に不安もない。前走の宝塚記念(阪神11F)では一気の距離延長でしかも厳しい流れとなったハイレベル中距離戦を、中団から流れに乗り猛者相手に差しこむ見どころある内容。調教過程からは力を出し切れる状態にあり、その割に人気していない印象で妙味十分。

(4)ナリタクリスタル
マイル実績に乏しく、追走に苦労しそう。前走の新潟記念勝ち(新潟10F)はかなり展開に恵まれた内容だっただけに妙味も薄く、積極的には買いたくない。

(5)セイクリッドバレー
前走の新潟記念(新潟10F)はスローの前残り決着で、得意とは言えない瞬発力勝負になったが、57kgでも4角8番手からそれなりに差しこんでおり着差以上に強い内容。生粋のマイラーではないが8Fでも戦えるスピードがあるし、瞬間的に脚を使うタイプではなく、長く良い脚を使って味の出るタイプで直線長いコース向き。シルポートが前を引っ張る今回の流れなら正にベスト条件にも思える。前走後も11日後には時計を出せているように、使い詰めているがダメージは感じられない。

(6)アクシオン
洋芝実績が示す通り、重い馬場でこそのヨーロピアンでキレを求められる開幕週の東京コースは元来合わない。もともと脚元に不安がある馬で調教を強くやれないところがあり、前走激走の反動があってか1か月経ってからようやく時計を出した。本数足りないし、フォトパドックからも調教を十分に積めた前走時のものとは程遠く、状態面にも不安あり。

(7)リアルインパクト
前走の安田記念(東京8F)は、54kgがあったにしても速い流れを先団から流れに乗り、押し切ったスピード&底力は優秀。あとは距離延長となる今回がどうかだが、ディープ産駒・馬体からは苦にすることはないと判断。調教・フォトパドックからも力を出せる状態にあり、積極的に買いたい。

(8)ダークシャドウ
今春トップレベルのレースとなった大阪杯(阪神10F)でヒルノダムールに着差無しの2着と、能力の高さを感じさせる逸材。ただ、今回のレースに関してはマイル実績がなく追走に脚を使わされる可能性が残り、それで断然の人気なら他にも買いたい馬がいるので、軽視して妙味を追いたい。

(9)シンゲン
昨秋の秋天で今回の出走メンバー中最先着が物語る通り、実績面での不安はないし、調教過程を見る限り、状態面も問題ないだろう。ただ、オープンクラスでのマイル経験が無く、速い流れで引っ張られる今回は追走に脚を使わされてしまう可能性がある。

(10)ミッキードリーム
前走の朝日CC(阪神10F)はいかにも休み明けで、勝負どころでの反応が悪かったが、それでも勝ちきったことに価値がある。元来、直線長いコースでじっくりエンジンを掛けていく競馬が向いているので、東京変わりはプラスで上積み見込める。3歳時から期待されていた逸材が、故障による長期休養を経て、ようやく本格化してきた印象。ただ、マイル実績がなく、追走に脚を使わされる可能性があるし、前日段階で考えていた以上に人気している。直前のオッズで買える範囲であれば拾っておきたい。

(11)ビッグウィーク
この馬のセールスポイントは何と言ってもスタミナ。スピードも要求される9Fへの距離短縮は明らかにマイナスで、追走に脚を使わされる上に、キレまで要求される東京コースは厳しい設定。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/535-51357da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第62回毎日王冠2011】予想参考資料の『毎日王冠予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/10/09(日) 11:17:16 | 競馬SevenDays
【毎日王冠】東京11R (人気ランキング) ◎ダノンヨーヨー 現在国内のマイル・スプリント路線と比べ、層の厚みとレベルでは中距離路線がはるかに上。今秋見据えて参戦した前 ...
2011/10/10(月) 05:32:25 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。