ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京10Fで行われる最高峰の中距離G1。スピード・底力・持続力・瞬発力とどの能力も高いレベルで求められるレース…にも関わらず、外枠絶対不利の変態コース。現に、'04~'10年の8枠成績は(0- 0- 1-19/20)の体たらく。んで、今回の大外枠が元来小回り向きで東京が合うタイプでもないのに人気に祭り上げられているアーネストリー。まずはこの馬をバッサリ切ってから予想スタート。

最内枠のシルポートが逃げ宣言。スタート後すぐにこの馬がハナに立てば隊列はすんなり決まり、テンが落ち着く。中盤はクラスなりに淡々と流れ、切れ味勝負に持ち込みたくないシルポート・アーネストリーが早めに動くので、底力に劣る先行勢の紛れはない。位置取りが後ろすぎると前を捕まえられないので、流れに乗れてそこから一気の瞬発力で抜される馬に向く展開。


(1)シルポート
今回は展開握れるし、人気もないので買い。ただ、実績のない10Fで、更にアーネストリーに早めに捲られるので過剰な評価は禁物。

(2)ダノンヨーヨー
前々走の宝塚記念(阪神11F)では一気の距離延長でしかも厳しい流れとなったハイレベル中距離戦を、中団から流れに乗り猛者相手に差しこむ見どころある内容。期待した前走の毎日王冠(東京9F)では直線でインを狙うも、なかなか捌けず、脚を余した印象。絶好枠に入った今回も引き続き狙いが立つ。

(4)エイシンフラッシュ
今年の春シーズンでトップクラスのハイレベルレースとなった春天・大阪杯ともに底力を示す強い競馬。後塵を拝したヒルノダムールとは、外枠で内に入れられず、4角で内外離れた分の位置取りの差が出たもので、決して力負けではない。宝塚記念(阪神11F)も速い流れを早めに動くきつい競馬で底力を評価できるし、元来、スローのダービーを制したように瞬発力が武器で、東京変わりで更に前進見込める。

(5)ブエナビスタ
昨年の秋天は圧巻の内容も、はっきり言ってそこがピークで成長曲線は下降線に入った。それは春シーズン2戦のG1からはっきりと伺いしれ、ヴィクトリアマイルは牝馬相手に差し損ね、宝塚記念は展開ドンピシャもアーネストリーに完敗。それでも格好をつけたところに能力を感じさせるが、そこから更にひと夏越えて、休み明け。そんな馬が1番人気なら積極的に買う理由は全くない。

(7)ダークシャドウ
重賞連勝したエプソムC(東京9F)・毎日王冠(東京9F)は時計的な価値はない。それでいて、東京巧者と勢いを評価され前日段階で2番人気は、ちょっと人気し過ぎ。確かに今春トップクラスのハイレベルレースとなった大阪杯(阪神10F)2着は評価できるが、エイシンフラッシュとの比較で見ると、2kgのアドバンテージがありながらタイム差無し。妙味を勘案すると、軸馬にはしたくない。

(8)ペルーサ
長期休み明けの上に、瞬発力だけで片付けられるほど周りは弱くない。それほどスピードがあるわけではないので後方からの競馬となり、展開的にも昨年よりは厳しくなる。

(11)ローズキングダム
前走の京都大賞典(京都12F外)勝ちは、59㎏で内にモタれるのを矯正しながらも坂の下りから加速して抜け出した、瞬発力&持続力は優秀。右にモタれる面があるので左回りが向くし、持ち前の瞬発力&長く脚を使える持続力を活かすには東京コースはベスト条件。にもかかわらず、意外なほど人気しておらず、妙味十分。あとは、予想外の降雨がないことを願うばかり。

(12)トーセンジョーダン
さすがにこのメンバーに入ると瞬発力で見劣る。ここを負けて、有馬記念での巻き返しを個人的に期待。

(13)ミッキードリーム
G1を勝ち負けできる底力はまだ証明できていないが、本調子を取り戻した夏以降の瞬発力に目を見張るものがある。前走の毎日王冠(東京9F)は超スローで終始外を回らされる厳しい展開ながらそれなりに格好をつけており、その時よりは流れが速くなることを勘案すると、得意の直線長いコースで躍動できる余地はある。

(16)ナリタクリスタル
瞬発力が決定的に足りないので持続力を活かしたいが、シルポート・アーネストリーの早め動きだしに対応できるまでの力は無い。

(18)アーネストリー
東京10Fで最悪の大外枠。距離ロスをなくすためには早めに内に入れたいが、内に速い馬も多く無理に被せようとすると、テンに自身が無理をしてしまうことになる。しかも、元来、小回りコース向きの馬が思いのほか人気していることを考えると、ここは思い切って消して妙味を追いたい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/538-1cdf0db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【第144回天皇賞(秋)2011】予想参考資料の『天皇賞(秋)予想2011《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
2011/10/30(日) 09:48:16 | 競馬SevenDays
【天皇賞】東京11R (人気ランキング) ◎ダノンヨーヨー 秋のこの路線への挑戦を見据えて、当時は無謀と思えた宝塚記念へ挑んだダノンヨーヨー。そこを1秒差(7着)で通用 ...
2011/11/05(土) 07:55:21 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。