ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
このレースは少頭数になると流れがやや緩む。

今年は11頭立ての少頭数。メンバーを勘案した展開まで考えてみても、どうしても逃げたいシルポートが絶好枠からハナを主張すると隊列はすんなり決まり、すぐに来る1角で流れは落ち着き、テンは速くならない。すなわち、例年通りの少頭数の流れになるはずだ。

よって、過去傾向は少頭数でやや緩んだ流れとなった'11・'08・'07・'06年をクローズアップして見ていくことにしよう。(少頭数のレースではあったが、生粋の逃げ馬不在でテンが猛烈に緩んだ'09年は除外。)

この4年に限定した前走距離別成績を見ると、距離延長組が他(前走同距離・距離短縮)の組を圧倒。すなわち、よりスピードを問われる競馬になると考えて間違いない。実際に、人気よりも走った馬を列挙してみてもマイル実績に事欠かない。
・'11年 2着キャプテントゥーレ
・'08年 1着カンパニー 3着エイシンドーバー
・'07年 1着ローエングリン 2着エアシェイディ 3着ダンスインザモア
・'06年 1着バランスオブゲーム

「スピード&切れよりも底力」中山記念はこれだ。



【軸馬候補】
(2)リアルインパクト
3歳時に制した安田記念は、ハイラップを前で流れに乗り押し切ったもので、スピード&底力ともに非常に優秀。今回求められる素養を十分に持っている。休み明けではあるが、3週に渡ってハードな併せ馬を消化してきている通り、陣営は調教代わりの叩き台とは思っていない。柔らかい走りをする馬で中距離の方に適正がある馬と見立てており、距離延長はむしろプラスのはず。前走の阪神Cは直線で終始前が壁になりスペースがなくノーカウントの一戦で、逆にこれで人気を下げており妙味十分。積極的に狙って行きたい。


【相手候補】
(3)フェデラリスト
スピードの面で物足りないが、走りが柔らかくコーナーリングで捲れるのはアドバンテージだし、目下の充実振り。買っておくべき馬。

(9)フィフスペトル
マイルCS2着が示すまでもなくマイル実績があるし、道悪も苦にしない。ただ、調教過程からは明らかに目標を先に見据えた仕上げ。相手候補まで。


【抑え候補】
(1)シルポート
今回はすんなりハナを切れそうで展開利を享受できるが、走りが硬いのでコーナー4回のコースは合わない。抑えまで。


【軽視】
(5)レッドデイヴィス
硬い走りの為、コーナーリングは苦手な印象で、コーナー4回のコースは合わない。そんな馬が2番人気に押されているなら軽視して妙味を追いたい。

(11)トゥザグローリー
マイル実績に乏しくスピード負けするし、外枠だと前に壁が作れず掛かる馬。そんな馬がドバイ壮行レースか何か知らないが断然の人気を背負うなら、積極的に軽視して妙味を追う。


【消し】
(7)ダイワファルコン
頭の高い走りなのでコーナーリングで捲る形が取りづらく、小回りコースでは向正面から位置を押し上げる形。条件戦ならそれでも良かったが、さすがにこのメンバーに入ると息が持たない。

(8)エーブチェアマン
マイル実績に乏しくスピード負けするし、過去、白富士S組は相手強化で力負けするのがパターン。

(10)ナリタクリスタル
マイル実績に乏しくスピード負けしそうだし、休み明けから仕上げてくるテキでもない。ここを使って新装中京競馬あたりに目標がありそうな感。


'12中山記念



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/555-b559795c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【中山記念】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。
2012/02/26(日) 11:01:42 | 【血統フェスティバル】blog