ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テンが速くなり、キレは不要で求められるのは底力&持続力。速い流れで差し馬向きの展開となるが、小回り中山で直線一気は無理なので、勝負どころの3→4角で捲る必要があり、柔らかい走りでコーナーリングを苦にしないことが前提。元来マイラータイプが、クラシック戦線に乗って無理に長めの距離を使っていたが、マイル戦線に狙いを定めて適距離に戻るパターンが妙味高い。
最後に、中山マイルは内枠有利は絶対。

(10)ロードラディアントが逃げたいが、その内にも速い馬が多く、先手争いが激化し速い流れが予想される。例年通りの差し向きの展開を想定したい。



【軸馬候補】
(4)カレンブラックヒル
柔らかい走りでコーナーリングは苦にしないし、底力&持続力は父譲りの素材。初輸送でイレ込まなければ、当然主役。人気でも逆らえない。

(12)マイネルアトラクト
大トビなので外目の枠で競馬がしやすい。前走は9Fを使ったが良さがでず、適距離の8F変わりはプラス。追い切りから状態面の良さが伺え、妙味十分で積極的に狙ってみたい。

【相手候補】
(1)サドンストーム
前走のファルコンSは速い流れで差し有利の展開を、前で粘り込んだ着差以上に強い内容。絶好枠でロスなく回れるし、狙いが立つ。

(7)フェスティヴタロー
前走の500万勝ちは、前傾ラップを番手から粘り込んだ着差以上に強い内容。時計が掛かってくるようなら、ここに入っても狙いが立つ。

(10)ロードラディアント
前走の500万勝ちは展開かなり嵌ったもの。さすがにここに入ると見劣るのは承知の上も、行き切った場合は見限れない。

【消し】
(3)セイクレットレーヴ
硬い走りでコーナーリングが苦手、それに直線勝負に賭けるので、小回りはいかにも合わない。そんな馬がこれだけ人気するなら、消して妙味を追いたい。

(5)ブライトライン
行きたがる気性で抑えこむ競馬。前走ファルコンSではそれが嵌っただけに、今回も直線勝負に賭けてきそうな鞍上。馬券戦略上、この手のタイプは不発を期待して消して妙味を追った方が、期待値高まる。

(8)ヴィンテージイヤー
走りが硬くコーナーリングのスムーズさに欠けるので、小回りは合わない。

(11)レオンビスティー
この馬の器用さを活かすにはもっと内の枠が欲しかった。距離も微妙で、今回はケン。

(16)オリービン
行きたがる気性の馬で前に壁を作れない&中山8Fの大外枠で距離ロス大と二重苦。人気になっているので、消して妙味を追いたい。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/562-f854a99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。