ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この枠の並びなら、(4)メイショウカドマツが主張すれば(16)ゼロスは控える手。それでも先行馬のプレッシャーはきつく、楽な逃げにはなりえない。例年並の一貫した厳しい流れを想定。
流れが締まると、相応のスタミナを求められる。過去傾向からは前走10F組が直結し、9F組でもそれ以前に10Fで結果を残している馬がほとんど。


【軸馬候補】
(18)グランデッツァ
前走のスプリングS勝ちは、中盤が締まった厳しい流れを、大外枠から終始外を回らされながらの完勝で、力の違いを見せつけた。叩いた今回は更に上積みを見込め、現にフォトパドックからは前走以上の仕上がりが伺える。今回も再度の大外枠となったが、当日の馬場は極端な外差し馬場でこの枠がマイナスにはならない。揉まれずスムーズな競馬ができそうだし、最終的にはワールドエースの大物感の方に人気が流れるはず。妙味も問題なしと見たい。

【相手候補】
(6)ディープブリランテ
前走のスプリングSではかなり行きたがったが、直線で一瞬は抜けだしてあわやの場面。勝ち馬には屈したが、道中スムーズならと思わせる内容だった。掻き込み&柔らかい走り、更に瞬発力よりも持続力をセールスポイントとするタイプで、力の要る馬場の小回りコースはベストの舞台。ただ、10Fへの距離延長は折り合いに難のあるこの馬にとっては不利だし、道悪馬場でよりスタミナを求められるのもマイナス。抑えまで。

(9)ワールドエース
この馬の武器は行きたがる気性をテンから抑えこんで、終いで爆発的なスピードを活かす競馬。この脚質の馬を中山コースで積極的に買う理由はなく、差し損ねを期待して抑え評価までが妥当。無論、東京変わりとなるダービーは最右翼で、実際、ダービー馬になると思う。

【馬場を見てから】
(14)ゴールドシップ
発馬さえ出れば、抜群の制御性があるので積極的に位置を取りにいけるアドバンテージがある。ただ、大トビの走りで、かつ蹄も薄く、ステイゴールド産駒ではあるが案外道悪は良くない可能性がある。重が残るようなら買い控えたい。

【消し】
(1)モンストール
ノドは手術したので、その点はもう気にする必要はなさそう。キレを活かしたいタイプなので、ここを使って良馬場のNHKマイルCで見直したいタイプ。

(2)アダムスピーク
前走は明らかな叩き台だったし、直線では蓋をされ行き場をなくし参考外。今回は大幅な上積みが見込めるし、この内枠も競馬が上手でロスなく立ち回れるのでプラス。ここまで人気を落とすなら積極的に買える。
→当日は、かなりの外差し馬場。内でロス無く回ることがプラスにはならず、逆に外に出せない分、不利な枠となってしまった。

(3)トリップ
重い芝は得意ではあるが、上位勢とは力の差を感じる。

(4)メイショウカドマツ
強い先行馬の揃った今回は、前走のような温い逃げは打てない。底力で見劣る。

(5)アーデント
スピードがありすぎるし、頭の高い走りなのでコーナー比率が少ないコースの方が良い。ここで負けて、NHKマイルCに出てきて貰えると、そこで妙味追えそうな感。

(7)ベールドインパクト
長く脚を使えるし、走りも柔らかくコーナーリングでも押し上げられるタイプでいい馬だが、現時点での完成度は上位勢に見劣る。夏を越して成長した姿に期待。

(8)サトノギャラント
軽い芝でキレを活かしたいタイプで、道悪が残りそうな今回は出番がなさそう。

(10)スノードン
大トビで直線長いコース向き。ここを叩いて東京戦を狙っているようなローテーションで、本気度も薄い。

(11)マイネルロブスト
道悪が残りそうな今回はマイナスだし、行きたがる気性の馬なので抑えこむ競馬をこの鞍上なら必ず選択するのも嫌。さらにフォトパドックからはずっと使われてきている影響か、馬体細化を感じられ、状態面に不安も感じる。

(15)コスモオオゾラ
前走の弥生賞勝ちは、重い馬場への適性と内目の枠でこの馬の器用さを最大限活かせた、はっきり言ってフロック勝ち。この外目の枠で勝ちきれる力は無い。

(16)ゼロス
ハナに行ってこその馬が外枠。内枠に同型がおり、今回も先手を奪えない。

(17)ロジメジャー
やや頭の高い走りで、コーナー比率の低い直線長いコース向き。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/565-0ebc8c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この枠の並びなら、(4)メイショウカドマツが主張すれば(16)ゼロスは控える手。それでも先行馬のプレッシャーはきつく、楽な逃げにはなりえない。例年並の一貫した厳しい流れを想定。流れが締まると、相応のスタミナを求められる。過去傾向からは前走10F組が直結し、9F組で...
2012/04/15(日) 06:15:23 | まとめwoネタ速suru
【皐月賞】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。
2012/04/15(日) 08:55:56 | 【血統フェスティバル】blog
【第72回皐月賞2012】予想参考資料の『皐月賞予想2012《傾向まとめ表》』を紹介しています。 見応えのある良いレースになればな~と思います。
2012/04/15(日) 10:05:14 | 競馬SevenDays
【皐月賞】中山11R (人気ランキング) ◎ベールドインパクト 1~4着馬の全てが、次走でOP、重賞を勝ったきさらぎ賞のレベルを型通りに信頼。勝ち馬との着差は小さくない ...
2012/04/16(月) 03:31:01 | お馬の親子
この枠の並びなら、(4)メイショウカドマツが主張すれば(16)ゼロスは控える手。それでも先行馬のプレッシャーはきつく、楽な逃げにはなりえない。例年並の一貫した厳しい流れを想定。流れが締まると、相応のスタミナを求められる。過去傾向からは前走10F組が直結し、...
2012/05/06(日) 03:34:33 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。