ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京9Fは、クラスが上がっても上がりはそれほど変わりないが、その代わり中盤にクラスの壁がはっきり現れ、上級クラスになるほど底力を問われる。

エプソムカップの傾向としては、過去7年、緩い流れの瞬発力勝負は皆無。中盤が締まりラスト1Fが掛かるスタミナ勝負の消耗戦の様相で、底力で取捨できる舞台設定。
また、開催後半に行われる重賞のため、時計の掛かる馬場になっているし、梅雨時期だけに降雨があれば更に重くなる。トラックバイアスが現れる可能性が高く、当日の馬場状態には注視が必要。
1.過去傾向分析
'11:<低速(+0.8)>35.4-36.6-35.3=1.47.3
中盤緩んだ割に、重い馬場のせいか上がりが速くならなかった凡ラップ。前有利の展開も、馬群が固まったことにより、決め手があれば差し届く展開。前日の雨で良馬場発表も馬場は悪く、道悪適正が明暗を分けた印象。
1人気1着のダークシャドウは、軽い芝でも結果を残しているが、本質的には重い馬場でこそのヨーロピアン。時計の掛かる馬場を全く気にすること無く完勝。
6人気2着のエーブチェアマンは、馬場の良い所を選択し外を回ってきたのがプラスに働いた。
3人気7着と人気を裏切ったアニメイトバイオは、蹄が薄くパンパン馬場でこその馬。現に、外を回ったが3~4角で脚を取られたとの鞍上の弁。

'10:<低速(+0.4)>35.1-35.8-35.2=1.46.1
中盤締まった割に、上がりも纏めた好ラップ。差し有利の展開。
1人気1着のセイウンワンダーは、菊花賞で掛かりならが3着した底力型。エプソムカップがいかにも合うタイプ。
3人気2着のシルポートはハイラップの逃げ馬で、後続になし崩しに脚を使わせる底力型。馬場が渋化しているので、この形も嵌る。
9人気3着と激走したキャプテンベガは、向正面から位置を押し上げ粘りこむ持続力を活かす競馬が嵌った。

'09:<低速(+0.4)>34.8-36.0-34.7=1.45.5
テンかなり速く中盤もそこそこの前傾ラップの割に上がりも纏めた好ラップ。馬場差を勘案すると、過去6年と比べても最も優秀な勝ち時計。前傾ラップで底力が測られたのはもちろん、4角→直線入口にあたる6F→7Fで東京コースらしく0.6秒ラップが上がっているように、きつい流れの中でもきっちり瞬発力を求められた総合力勝負となった。展開的には差し馬に有利。
2人気1着のシンゲンは、非凡な瞬発力を持ち合わせた掻き込み走法馬。東京コースでキレを活かせる上に、少し時計が掛かる馬場も合い、ベスト条件とも言える。
1人気2着のヒカルオオゾラは、掛かり気味に行くスピードタイプ。押し切りを試みたが勝ち馬の決め手に屈した。
良馬場でそれなりに硬い馬場なら瞬発力も活かせる形になり、1・2着の明暗を分けた。


以下にまとめ。

馬場が悪くなれば、重い馬場への適性が否応なく求められてくるので、精査が必要。
得意ではなくても、こなせる馬なら外の良い馬場を通ってくれば浮上できる可能性はある。ただし、スタート後すぐにコーナーに入るコース形態からは、8枠は距離ロスが心配になってくるので、中枠から7枠くらいが良い感じ。

良馬場なら、時計の掛かる馬場を走れる瞬発力型(<勿論、相応の底力は必要)が最も安定して力を出せる。'09年のシンゲンが好例。

最終週で馬場が渋化しているので、早めに動いて後続に脚を使わせ、正に肉を斬らせて骨を断つ競馬が通常より嵌る。この傾向は、時計が掛かる程に増す。



2.見解
結論から先に述べると、道悪が残る今の馬場で積極的に買いたい馬がおらず、このレースは人気薄を軽く買う予定。
各馬の見解は以下。

(1)セイクレットレーヴ
軽い馬場でキレを活かしたいタイプなので、今の馬場は良さが活きない。

(2)キングストリート
パンパン馬場が良いタイプで、道悪では手がでない。

(3)マイネルスターリー
洋芝大得意も、道悪になると話は別。

(5)レディアルバローザ
距離が微妙も、底力はあるし道悪もこなす。抑えておきたい。

(6)トーセンレーヴ
前走は底力不足を露呈。距離延長で更にスタミナを問われるし、道悪で持ち前のキレを活かせない。人気を考えると消して妙味を追いたい。

(9)サンライズベガ
前に行って早めに動く競馬は合う。人気も全くないし、拾っておきたい。

(11)ヤマカツハクリュウ
1F延長は微妙も、左回り得意だし、道悪もこなせるので抑えておきたい。

(12)オセアニアボス
瞬発力を活かしたいタイプで、道悪馬場では良さが活きない。

(13)ダイワファルコン
中山での良績が目立つが、頭の高い走りからは直線長いコースでコーナーリングでのロスを相殺した方が良い印象。抑えておきたい。

(14)ダノンシャーク
一瞬のキレで勝負するタイプで、今回の舞台設定は良さが出せない。

(18)レッドデイヴィス
軽い馬場向きの馬で、道悪馬場では良さが活きない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/576-a2c7fba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東京9Fは、クラスが上がっても上がりはそれほど変わりないが、その代わり中盤にクラスの壁がはっきり現れ、上級クラスになるほど底力を問われる。エプソムカップの傾向としては、過去7年、緩い流れの瞬発力勝負は皆無。中盤が締まりラスト1Fが掛かるスタミナ勝負の消?...
2012/06/11(月) 02:23:40 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。