ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎(7)ゴットフリート
△(1)(6)(8)(15)
1.過去傾向

最も特徴的なのは、テンが速いこと。過去7年全て古馬1000万と比べテンが速くなっている。これは、この時期のマイル戦には後のスプリンターも混じって出走してきていることに起因。

もうひとつの傾向として、この時期は内の芝が良いことが挙げられる。現に土曜日の競馬も内の馬場が良く、人気薄の逃げ馬が逃げ切ったレースも散見された。よって、外を回すと距離的・トラックバイアス的に大きく減点材料。内をピッタリ回れるコーナーリング力、内に馬群が密集した中、抜け出せる瞬発力が欲しい。


2.展開予想

(9)コパノリチャードが行く気を見せれば、(4)マイネルエテルネル・(15)エーシントップは控える手。ハナ争いが激しくなることはなく、ハイペースまではいかない。それでも、逃げ馬がしっかり流れを作り、例年通りテン速めと想定。

控えた(15)エーシントップが外から前に圧をかける形、それに持ち前の持続力で前を残すことはしないので、前の組にはかなりきつい展開。それでも、そのエーシントップが盤石とは思えない。詳細は後述するが、この馬明らかにパワータイプで、今の高速馬場への適正は劣る。エーシンが早め抜けだした所を目標に、直後の切れ味タイプが襲いかかる姿が目に浮かぶ。その切れ味タイプが誰なのかを予想するレースと位置づけたい。

過去傾向でも言及した”内をピッタリ回れるコーナーリング力、内に馬群が密集した中、抜け出せる瞬発力”+”G1の厳しい流れに耐えうる底力の裏付け”に着目して、これまでの戦績を精査したい。


3.各馬短評・印

△(1)アットウィル
距離が微妙に長いが、好枠で一瞬の脚を活かせば連は拾える。

-(2)ザラストロ
パワータイプで、ここに入るとスピード不足は否めない。

-(3)ストーミングスター
前走のニュージーランドTは、展開・馬場とも向いたもので、鵜呑みにはできない。さすがにG1の時計勝負では荷が重い。

-(4)マイネルエテルネル
今回は先行馬には厳しい展開だし、それに耐えうる底力の下地もない。

-(5)ディアセルヴィス
力の要る馬場で浮上するヨーロピアン。高速馬場では手が出ない。

△(6)レッドアリオン
一瞬の切れ味はトップクラスも、G1の厳しい流れを乗り切る底力が下地がない、それに長く良い脚を使えない点が気がかり。発馬が不安定な面も無視できず、抑えまで。

◎(7)ゴットフリート
前走のニュージーランドTは発馬で躓き、万事休す。ベストは8Fで発馬さえまともなら、軽い芝での切れ味勝負は望むところ。出遅れた朝日杯FSでも厳しい流れを差し込んできているように底力も認められ、叩いた効果も見込まれる。中心視してみたい。

△(8)マイネルホウオウ
前走は前残り・重い馬場に殺されたが、軽い芝に変われば持ち前の切れ味を活かせる。拾っておいて損はない。

-(9)コパノリチャード
前に行くこの馬にとって展開厳しいし、フォトパドックからは激しいレースをした皐月賞の消耗度が伺え、今回は要らない。

-(10)ガイヤースヴェルト
持ち前の底力で早め抜け出しが取り口。強さは認めるも、G1の高速馬場では切れる馬にやられそう。

-(11)カシノピカチュウ
8Fは長い印象。

-(12)フラムドグロワール
高速馬場への適性は微妙だし、8Fの馬にも思えない。それにこの馬の器用さを活かすにはもっと内の枠が欲しかった。

-(13)シャイニープリンス
やや腰が甘いところがあり、京都から東京変わりは坂が応えそう。

-(14)ローガンサファイア
この馬の器用さ・一瞬の脚を活かすにはもっと内の枠が欲しかった。外枠・8F・牡馬一線級相手では荷が重い。

△(15)エーシントップ
掻き込み走法+太め短めの繋+パワーのありそうな体型で、明らかなパワータイプ。今年に入っての重賞2連勝の内容は、「内のグリーンベルトを終始通り、少々のペースでは止まらないトラックバイアスに助けられた」@シンザン記念、「スローの前残りの展開利、それに重い馬場で持ち前のパワーを発揮できた」@ニュージーランドTと、いずれも馬場に恵まれたもの。今回のG1仕様の高速馬場では、はっきり言って1番人気を果たせるとは思えない。底力上位は認めつつも、抑えまでとしたい。

-(16)サトノネプチューン
胴長の体型で、この距離は忙しい。

-(17)インパルスヒーロー
7Fの厳しい流れをスタミナを活かして差し込む競馬がピッタリで、8Fで瞬発力を問われると脆いタイプ。

-(18)モグモグパクパク
能力見劣る馬が大外枠。さすがに厳しい。


4.買い目

単勝:(7)
馬連B:(1)(6)(7)(8)(15)
馬連F:(7)-(1)(6)(8)(15)
ワイドB:(1)(6)(7)(8)(15)
3連複B:(1)(6)(7)(8)(15)
3連複 1軸:(7)-(1)(6)(8)(15)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/579-6905d8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【NHKマイルC】の予想。傾向がひと目でわかる便利な色分け表あります。
2013/05/05(日) 11:24:21 | 【血統フェスティバル】blog
【NHKマイルカップ】東京11R (人気ランキング) ◎カシノピカチュウ 前走は初距離に加え、良績なかった芝右回りで0.3の少差。崩れていない左回りに戻る今回、前走上位馬 ...
2013/05/11(土) 08:22:54 | お馬の親子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。