菊花賞攻略への足がかり

過去傾向分析
10 /17 2007
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


当然ながら全馬が初距離となる菊花賞。何を根拠に予想したらいいのか悩ましいG1ではありますが、ラップで予想する者としては好走馬の予見の手がかりは、やはりラップに求めたいと思います。
「中距離持続力レースでの好走差し馬」、「長距離レースでのスタミナ勝負に対応できることの証明」とほぼ同義であると経験上、感じていますのでこの切り口から過去好走馬の菊花賞までの過去5戦の戦跡を見ていきたいと思います。

02年菊花賞
10番人気1着 ヒシミラクル
売布特別(阪神22) 34.9-60.8-36.9(極端な前傾ラップ)を、5-5-4-2→0.8秒差1着。
3番人気3着 メガスターダム
皐月賞(中山20) 35.0-47.7-35.8(中盤から速くなる底力ラップ)を、7-5-5-6→0.5秒差5着。

03年菊花賞
1番人気3着 ネオユニヴァース
宝塚記念(阪神22) 35.0-60.1-36.9(前傾ラップ)を、15-15-15-9→0.3秒差4着。

04年菊花賞
4番人気2着 ホオキパウェーブ
セントライト記念(中山22) 35.0-59.7-35.4(中盤締まった持続力ラップ)を、10-10-8-3→0.0秒差2着。
6番人気3着 オペラシチー
玄海特別(小倉20) 34.8-47.6-35.9(前傾ラップ)を、8-8-8-2→0.1秒差1着。

06年菊花賞
8番人気1着 ソングオブウインド
ラジオNIKKEI賞(福島18重) 35.5-37.1-37.9(前傾ラップ)を、12-12-11-9→0.3秒差2着。
神戸新聞杯(中京20) 34.3-48.4-35.4(前傾ラップ)を、2-2-2-1→0.1秒差3着。
2番人気2着 ドリームパスポート
スプリングS(中山18) 36.9-35.6-36.4(中盤締まった持続力ラップ)を、14-14-12-10→0.0秒差3着。
神戸新聞杯(中京20) 34.3-48.4-35.4(前傾ラップ)を、5-6-8-6→0.0秒差1着。


05年以外は該当馬がまずまずの結果を残しています。02年ヒシミラクルを始め人気薄での激走馬の予見も可能なようで、費用対効果としては有効かも(。-∀-) ニヒ♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。