ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎1 レッドカーペット
7Fは合うし、最内枠で距離ロスなく回れる。

消2 ボーダレス
これまで6Fをずっと使われて、今回が7Fへの距離延長の東京コースで、折り合いと瞬発力を求められる。この適性の変化を非サンデー系がこなせるとは思えない。

×3 オデュッセウス
スピードが合って、この枠ならハナに立てそう。抑えておく。

×4 シャドウアプローチ
能力は高いが、きつい気性が気がかり。抑えまで。

消5 コマノドリーム

消6 ヒルダ
テンション高い馬の1F延長で折り合いに苦労しそう。

消7 キングライオン
すでにズブさを感じさせ、手が出ない。

×8 レッドラウダ
ハナに立てれば目はある。抑えておく。

消9 フリームーヴメント
初の7Fをこなすには、気の悪さを感じさせるこの馬では厳しい。

消10 マザックヤース
芝では能力不足。

消11 フジマサアクトレス

消12 モーゼス
機敏さの無い馬で、決め手で見劣る。その割に人気しており、妙味薄い。

△13 トウショウドラフタ
テンのスピードあり、自身の力はいつでも出しきれる。強い競馬をした7Fへ戻り、巻き返しを期待。

×14 トップライセンス

×15 アドマイヤモラール
気のきついタイプなので、1F短縮は競馬がしやすそう。抑えておく。

△16 サイモンゼーレ
距離損心配な枠で、小回りで器用さを活かした方が良いタイプではあるが、能力は高い。抑えておく。

消17 アンナトルテ
非サンデー系の差し馬を昇級戦で買うのは、やはり躊躇してしまう。

△18 ボールライトニング
前走はほとんど追うこと無くスパっと差しきっており、能力高いのは確かも、さすがにこの大外枠は距離損心配。抑えまで。


単勝:1(1点)
馬単:1→3,4,8,13,14,15,16,18(8点)
馬連:1-3,4,8,13,14,15,16,18(8点)
3連複:1-13,16,18-3,4,8,13,14,15,16,18(フォーメーション、18点)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/675-ffc1deb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。