ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
【想定展開】
テンのスピードがあり、行きたがるタイプ多数。道悪の残る馬場も相まって、前傾化必至。馬場が重め残りになりそうなので後方一気は厳しいが、中団で流れに乗り、差し込めるタイプが狙い。厳しい流れが想定されるので、底力の有無を取捨のポイントに。

【予想戦略】
①同一・類似形態コース好走馬から適正上位馬を抽出
500万クラス以上での戦績が多数あるが、
・距離6Fコースのものがそもそも少ない。
・今回出走馬多数の6F戦カンナSは、スタート後下り坂のコースで、スタート後少し上り坂である今回の福島コースとは形態が異なり、鵜呑みにはできない。

そこで、未勝利以下の下級クラスであってもよいので、同一・類似形態コース好走馬を抽出。その中からレースレベルを加味して取捨を決めたい。

②想定展開から展開利のある馬を抽出
前述の想定展開から前傾化必至。以下に当てはまるタイプを軸馬候補に。
・流れに乗れる差し馬
・底力兼備

③馬場傾向
昨日の雨の中での競馬による影響で、内の馬場がそれほど良いわけでもなさそう。枠による影響はそれほど考えなくて良いだろう。

【前哨戦分析】
①’15-9-6 札幌6F 未勝利:1着エピックマジック
・発馬後平坦の類似コース
・前傾ラップを3番手追走したスピード、終いも突き抜けた底力を評価。

【結論】
×1 クナウ
行きたがる気性なので、6Fへの距離短縮は競馬がしやすい。前走大敗から巻き返してこれる可能性あり、抑えておく。

◎2 エピックマジック
2走前の札幌未勝利勝ちは、発馬後平坦の類似コースで、前傾ラップを3番手追走したスピード、終いも突き抜けた底力を評価。前走のカンナS(中山6F)では6着となり人気を落とす原因となっているが、脚を溜めて終いもしっかり脚を使っていたし、悲観する必要はない。強い競馬を見せた2走前は、馬場が渋った中でのもので、パンパン馬場の前走・3走前は少し追走で遅れを取った印象。今回は馬場が渋るので、適正ある馬場に変わるのはプラス。中心視したい。

×3 コスモアルコン
行きたがる気性なので、今回も前へ。しかし今回は他に速い馬も多く、展開不向き。抑えまで。

△5 バシレウスライオン
前走の7F戦ではかなり行きたがったので、6Fへの距離短縮は競馬がしやすく、プラス。新馬戦ではスローの流れを差しきった決め手があり、人気でも相手候補に。

×6 ペイシャオブマーシ
前走の9F戦はかなり行きたがった。新馬勝ちした6Fなら折り合いに気を使う必要がなく、競馬がしやすい。巻き返す要素がある不人気馬で、妙味重視で抑える。

△8 アラモアナワヒネ
テンにスピードがある馬なので、6F短縮しても追走できる素養はある。追走で戸惑いがなければ、差しに回って展開ハマる可能性ある。

消11 ファド
うるさい馬なので距離短縮で競馬はしやすくなるが、ダイワメジャー産駒はスプリント戦で良さのでるタイプでもないので、手がでない。

【馬券】
単勝:2(1点)
複勝:2(1点)
馬単:2→1,3,5,6,8(5点)
馬連:2-1,3,5,6,8(5点)
ワイド:2-1,3,5,6,8(5点)
3連複:2-5,8-1,3,5,6,8(フォーメーション、7点)
3連単:2→5,8→5,8(2点)











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/677-51e439a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック