ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


3回目となった前哨戦分析も今回で最後。残りのレースの精査をば。

07年毎日王冠
12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8
(34.4-35.0-34.8)
①チョウサン(10-9-8) ②アグネスアーク(8-9-11) ③ダイワメジャー(2-3-2) ④エリモハリアー(14-13-12) ⑤ブライトトゥモロー(5-6-4)
テン速く、中盤も締まった流れで勝ったチョウサンはロス無く乗られ、展開もドンピシャに向いた。展開が向いただけに額面どおりに結果を受け取れない印象は否めないが、アグネスアークは秋天でも2着しており展開の嵌っただけのレースではなく、G1でも通用する底力の証明に繋がるのかもしれない。人気もほとんどないので、拾っておきたい。

07年京都大章典
13.1-11.5-11.7-12.6-12.5-12.4-12.7-12.7-11.6-11.4-11.1-11.5
(36.3-37.5-37.0-34.0)
①インティライミ(6-7-6-6) ②ポップロック(4-4-4-4) ③アルナスライン(5-5-5-4) ④ダンスアジョイ(9-9-9-9) ⑤デルタブルース(1-1-1-1)
京都12Fデフォルトの上がり勝負。JCに繋がるラップのレースではないが、持続力に突出したインティライミが鋭い瞬発力を見せ勝ちきったのは特筆もの。一時のスランプを脱し充実期に入った今なら、持続力と瞬発力の総合力が問われる東京G1で十分戦える状態にあるとみたい。

07年神戸新聞杯
12.5-10.8-12.2-11.7-11.6-12.5-12.8-12.8-12.4-11.4-11.4-12.6
(35.5-35.8-38.0-35.4)
①ドリームジャーニー(15-15-14-12) ②アサクサキングス(4-4-3-2) ③ヴィクトリー(5-5-5-5) ④ホクトスルタン(2-2-2-1) ⑤トーセンマーチ(6-6-6-5) ⑦ヒラボクロイヤル(14-14-12-11)
7F~9Fのラップはダービー並の緩みようであるが、テン5Fが58.8と速かったためある程度の底力を問われるレースとなった。3着のヴィクトリーはこのレースでも折り合いに難を見せており、同距離のJCでも同様の不安が付きまとう。

07年札幌記念
12.7-10.9-11.9-12.7-12.5-12.5-12.1-11.7-11.4-11.7
(35.5-49.8-34.8)
①フサイチパンドラ(1-1-1-1) ②アグネスアーク(5-6-5-5) ③サクラメガワンダー(10-11-11-10) ④ディアチャンス(10-10-8-10) ⑤シルクネクサス(2-2-2-2) ⑧エリモハリアー(7-8-8-8)
G2にしては中盤緩みすぎの温い流れ。底力の証明にはなりえない。

07年宝塚記念
12.1-10.5-10.9-11.9-12.1-12.3-12.7-13.0-12.3-12.2-12.4
(33.5-62.0-36.9)
①アドマイヤムーン(12-12-13-6) ②メイショウサムソン(9-9-11-2) ③ポップロック(14-14-14-11) ④アドマイヤフジ(15-15-15-14) ⑤ファストタテヤマ(16-16-15-14) ⑦インティライミ(9-9-11-10) ⑧ウオッカ(7-9-9-5) ⑪コスモバルク(6-6-7-2)
テン速く、馬場の割に中盤も締まった今年一番の底力ラップG1。最も強い競馬をしたのは4角2番手と早めの進出を見せて粘りきったメイショウサムソン。ワンテンポ仕掛けを遅らせて勝ちきったアドマイヤムーンが次点。ポップロックは流れが向いた印象。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/77-6a266290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。