ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


数少ない戦跡から各馬の本質に迫る。サンプルが少ないからこそ妄想にも近い想像力が試される2歳戦。実は2歳戦が結構好きなジャイロです。
ということで?、張り切って前哨戦分析に取り掛かりたいと思います。

2007年11月11日(日) 5回東京4日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 赤松賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1600m 11頭立
12.7-11.7-12.8-12.4-12.3-11.5-11.0-12.1
(37.2-24.7-34.6=1.36.5)
①カレイジャスミン(4-4) ②ニシノガーランド(6-6) ③マルターズオリジン(2-2) ④マイネフルーレ(6-7) ⑤プレサンティール(9-8)
テンが緩む展開で折り合えた点において1,2着馬とも評価できる。カレイジャスミンはさらに前目に位置取れたスピードを見せた点も○。

2007年11月11日(日) 5回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R 黄菊賞
2歳・500万下(馬齢) (混)(特指) 芝・外 1800m 13頭立
12.4-11.2-11.2-11.8-12.7-12.5-11.8-11.9-12.0
(34.8-37.0-35.7=1.47.5)
①ヤマニンキングリー(10-10) ②トールポピー(10-7) ③グリフィス(2-2) ④ノットアローン(3-3) ⑤ジョニーバローズ(13-13) ⑧グラーフ(3-4)
テン速く中盤もまずまず締まったラップを、牡馬相手に後方から差し込んできた2着馬は一定の底力を証明したといえる。ただ、マイル未経験で18でも後方からの競馬となったあたり、展開待ちの感は否めずヒモ候補。

2007年11月 4日(日) 5回京都2日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第12回KBS京都賞ファンタジーS
2歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(混)(指定) 芝・外 1400m 14頭立
12.5-10.9-11.0-11.2-11.3-11.6-12.6
(23.4-33.5-24.2=1.21.1)
①オディール(3-2) ②エイムアットビップ(1-1) ③エイシンパンサー(7-6) ④ビーチアイドル(5-4) ⑤チェレブリタ(13-13)
テン速く中盤も緩まない前傾ラップ。スプリント色が強く、本番には繋がりにくいレースとなった印象。
オディール・・・前走に比べるとペースが速かった分、折り合えた。ただ、本番の1F延長は折り合いの点で不安も残る。人気が予想されるだけに死角と取りたい。
エイムアットビップ・・・抑えきれずにハナに立つ。かなりスプリント色の強い馬。本番の1F延長は明らかに減点材料で、人気になるようなら消して妙味を追いたい。展開の鍵となる馬になりそうで、抑えきるのはほぼ不可能だろうしラップの前傾化に加担しそう。
エイシンパンサー・・・出遅れるもスピードを見せ中団まで押し上げて折り合い、良く差し込んできた。着差からは1着馬に完敗とも取れる印象を与えそうで人気落ちする可能性がある。ただ、1F延長は1,2着馬よりは大きくプラスで逆転の目は十分ある。人気次第で狙いが立ちそう。

2007年10月 6日(土) 4回京都1日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R りんどう賞
2歳・500万下(馬齢) (牝)(混)(特指) 芝 1400m 9頭立
12.2-10.9-11.2-11.6-11.7-11.4-12.0
(23.1-34.5-23.4=1.21.0)
①エイムアットビップ(1-1) ②オディール(4-3) ③タイセイフレイヤ(3-2) ④デューン(6-6) ⑤リーガルアミューズ(8-6)
ファンタジーS同様、1,2着馬のスプリント色を印象付けるレースで本番への直結にはなりえない。

2007年 9月29日(土) 2回札幌7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回札幌2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
(36.6-37.4-37.9=1.51.9)
①オリエンタルロック(12-14-14-11) ②サブジェクト(6-8-5-3) ③ホウザン(9-10-2-2) ④カレイジャスミン(2-2-1-1) ⑤グラーフ(4-3-5-6) ⑩ヤマカツオーキッド(4-3-2-3)
完全な前傾ラップ。
カレイジャスミン・・・早め先頭に立った途端、次々と後方からこられきつい流れとなったが、よく粘って4着。かなりの底力を見せたといえる。また、これだけ行く気のある前向きな馬が、前出のとおりこのレースの次走16できっちり折り合って差しきりを見せた点は秀逸。本番に必要な底力と、脚を溜める折り合いを証明したと言え人気にもならなそうなので面白い存在。
ヤマカツオーキッド・・・ハナを切れず危うい面が出たとの弁。本番は恐らくハナを主張しそう。これにエイムアットビップが絡む展開が予想され、底力を問われるG1らしいラップになりそうな予感。

2007年 9月 2日(日) 3回新潟8日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第27回新潟2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝・外 1600m 18頭立
12.8-10.7-12.1-12.3-12.1-11.5-10.6-12.0
(35.6-24.4-34.1=1.34.1)
①エフティマイア(3-3) ②シャランジュ(18-18) ③ゴールドストレイン(9-6) ④エイシンパンサー(12-12) ⑤タケショウオージ(15-17)
新潟らしい上がり3Fのレース。
エフティマイア・・・ダイワスカーレットが実践した前目で折り合っての瞬発力という阪神16外コース最強の戦術を、新潟16外で実践して見せた。このレースの次走、馬場を気にして大敗しており、人気が下がるようなら面白い存在。
シャランジュ・・・最後方から次元の違う脚。底力の証明にはなりえないが、かなりの競争能力を持ち合わせているのは間違いない。人気にはならないと思われるので妙味ある。

前哨戦を振り返ってみての現段階での評価は下記といったところでしょうか。あとは、展開の精査、人気を加味して馬券の組み立てを考えていきたいと思います。

軸候補:カレイジャスミン、エイシンパンサー、エフティマイア
ヒモ候補:トールポピー、シャランジュ、オディール
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/82-c1e89cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。