ラップタイム・馬キャラ・馬体・血統から激走馬の正体を暴きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓よろしければ、クリックお願いしますm(__)m
人気blogランキング


それでは、残りの前哨戦分析といきましょうか。

2007年10月27日(土) 4回京都8日 天候: 曇 馬場状態:稍重
9R 萩S
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝・外 1800m 12頭立
13.0-10.8-11.5-12.1-12.4-12.3-11.8-11.5-12.5
(35.3-36.8-35.8)
①フローテーション(4-3) ②ダンツキッスイ(1-1) ③マイネルスターリー(10-11) ④サブジェクト(10-8) ⑤カシノネロ(2-2) ⑧ヤマニンキングリー(5-5)
2歳戦にしては一貫したラップで底力を測れる流れ。
サブジェクト・・・後述している札幌2歳Sでも指摘しているが、ゲートで落ち着きが無く、痛恨の出遅れ。直線に向いてもなかなか伸びきれず、案外な内容。

2007年10月13日(土) 4回京都4日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回デイリー杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (混)(指定) 芝・外 1600m 13頭立
12.3-11.3-11.9-13.1-12.4-12.0-11.0-11.6
(35.5-25.5-34.6)
①キャプテントゥーレ(2-2) ②タケミカヅチ(12-12) ③ウイントリガー(6-7) ④ジョニーバローズ(10-10) ⑤シャランジュ(6-8)
中盤に13秒台が入るという緩みっぷり。本番に直結する底力はとても測られない。
ウイントリガー・・・デビュー2,3戦目はスローの瞬発力勝負を快勝し、前々走の札幌2歳Sで底力ラップに対応できず完敗。人気落ちした前走は7番人気の評価を覆し、スローの瞬発力勝負を3着。母父サンデーの影響か分かりやすい瞬発力型で、本番では出番がなさそう。

2007年 9月29日(土) 2回札幌7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第42回札幌2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (混)(特指) 芝 1800m 14頭立
12.6-11.7-12.3-12.3-12.7-12.4-12.3-12.7-12.9
(36.6-37.4-37.9)
①オリエンタルロック(12-14-14-11) ②サブジェクト(6-8-5-3) ③ホウザン(9-10-2-2) ④カレイジャスミン(2-2-1-1) ⑤グラーフ(4-3-5-6) ⑧ウイントリガー(12-12-13-11) ⑨ヤマニンキングリー(6-6-5-8)
テン速く中盤も締まった前傾ラップ。先週の阪神JFでイチオシしたカレイジャスミンは残念だったが、このレースが底力を証明できるラップであることは疑いようがない。
サブジェクト・・・ゲートで落ち着かない挙動を見せるも出遅れは無し。外枠がたたり1角で外に振られ位置取りが中団になるも、徐々に進出し4角3番手から2着と底力を見せた。ただ、今回は致命的な大外枠を引いた。それほどスピードのある馬ではないだけに、距離損のあるこの枠は痛い。

2007年 8月11日(土) 3回新潟1日 天候: 晴 馬場状態: 良
9R ダリア賞
2歳・オープン(別定) (混)(特指) 芝 1400m 12頭立
12.4-10.5-11.1-11.9-12.0-11.5-12.0
(22.9-35.0-23.5)
①スズジュピター(6-6) ②フォーチュンワード(3-4) ③ダイワマックワン(3-2) ④マイネルアトレ(8-8) ⑤ルルパンブルー(2-2)
テン速く、中盤も締まった底力ラップ。この速いテンを先行できる馬はスピードに勝ちすぎている可能性がありそう。
スズジュピター・・・速い流れを中団から追走し、長く良い脚を使う。時計も優秀で底力を証明できるラップをこなした点は本番に直結しそう。前走、余裕残しで上積みもありそうなので積極的に狙っていきたいが、人気になりすぎないか心配。

前哨戦分析もひとまず一段落。
キャプテントゥーレが過剰人気になってくれることを祈りつつ、今日はここまでとしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jairo2.blog108.fc2.com/tb.php/87-5a700f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。