京都6R 3歳新馬(芝9F・外)

中央競馬予想
01 /21 2018
◎(15)アイスストーム
○(7)アニエーゼ

買い目はウマニティで公開しています。

中山9R 若武賞(芝9F)

中央競馬予想
01 /21 2018
◎(7)ソイルトゥザソウル
 折り合い面に問題ないので、10Fへの延長もこなすと見立てる。2戦目の未勝利6Fでの決め手を評価しているが、ここ4走、キレを見せられていないのは気がかり。距離延長でより溜めを利かせることができると仮定して、中心視。
 体調面は、2走前は負けすぎの感で、ここが底だった模様。前走はそれなりに復調気配見せているし、今回、中1週で3本の追い切り消化できているので上向き傾向と見たい。人気も手頃で妙味有る。


買い目はウマニティで公開しています。

京都10R 若駒S(芝10F・内)

中央競馬予想
01 /20 2018
◎(4)ケイティクレバー
距離・メンバー構成ともに先手を取れそう。適距離で持ち前の底力を発揮できそうだし、人気も手頃で妙味あり。

買い目はウマニティで公開しています。

中京5R 3歳新馬(芝10F)

中央競馬予想
01 /14 2018
◎(7)メイショウロセツ
人気まったくなく下から3番目だが、この馬から狙ってみたい。

買い目はウマニティで公開しています。

中山11R 京成杯(中山 芝10F)

中央競馬予想
01 /14 2018
◎(4)ロジティナ
前走の未勝利勝ちは、終始外を回る距離ロスがありながら、向正面から位置を押し上げ、差し切った持続力を評価。1,2戦目はおっとりしていたが、使いながらピリッとしてきたとの陣営の弁もあり、2戦目のパドックでは鈍重さが気になったが、その点も改善されてきたと見たい。豪腕鞍上も連続騎乗で手の内に入れてきていると思うし、人気無く妙味もあるので、中心視したい。

買い目はウマニティで公開しています。

中山5R 新馬(芝8F)

中央競馬予想
01 /13 2018
◎(10)エピックスター
活気のある歩様。非社台系で妙味有る。

買い目はウマニティで公開しています。

京都11R シンザン記念 ◎ブランモンストル

中央競馬予想
01 /08 2018
◎(6)ブランモンストル
前走の未勝利勝ちは、前傾ラップを先団で流れに乗り、終い突き抜けた底力を評価。歩様の捌きの硬さ、血統面から道悪も問題ないと見たい。人気なく妙味十分で、中心視したい。

○(11)カシアス
4走前の未勝利勝ちは、スッと先団に取り付いたダッシュ力、終い突き抜けた底力を評価。前走のFSでは初の8Fでも折り合いついていたので、距離は問題ないと見たい。今回人気しているファストアプローチと0.1秒差の競馬だったにも関わらず、今回人気にギャップがあり、妙味ある。中心視したい。

▲(2)ファストアプローチ
4走前の未勝利勝ちは、終始外を回り、3角から位置を押し上げ、4角先頭から突き放した持続力を評価。血統面からは今回の道悪は歓迎。ただ、思いのほか人気しており、相手候補まで。

▽(3)アーモンドアイ
スラっとした体型だし、キレ味を見せた前2走の内容からは、今回の道悪はマイナス。出遅れ癖も気になるし、軽視して妙味を追いたい。


買い目はウマニティで公開しています。

'16-1-5(火) 中山10R ジュニアC 2歳OP(芝8F)

中山8F
01 /05 2016
【1.見解】
△1 チェストケリリー
鞍上強化。

△2 ネバーリグレット
下見所でうるさいタイプの馬の1F距離延長で、折り合い心配。体型は力の要る馬場向きでベストの馬場設定でもない。それでも新馬戦で見せた決め手は馬鹿にできず、抑えておく。

◎3 アースコレクション
前走の新馬9Fでテンに少し行きたがったので、8Fへの距離短縮がプラスに働きそう。好枠からこの馬の先行力で前につければ、距離ロス無く進めそう。中心視したい。

△4 ダンツプリウス
8Fの実績あるし、切れる脚は無いが、しぶとく差し込んでくる。抑えておく。

△5 ラヴアンドポップ
前走の札幌2歳S 4着は、終始外を回ってのもので、着差以上に強い内容。8Fの実績もあり、抑えておく。

△6 ショウナンアンセム
前走は同コースの中山8Fを、初角で外を回る距離ロスがありながら、まずまずの3着。距離損を勘案すると強い内容だったので、抑えておく。

消7 メイプルキング
行きたがるタイプで、8Fは少し長い印象。

△8ブロワ
展開のカギを握る場で、今回ハナに行けそう。粘りこみ注意。

消9 ゲッカコウ
距離短縮して良いタイプとは思えない。見送り。

×10 アーバンキッド
中山8F大外枠の圧倒的1番人気。妙味重視して、抑えまで。


【2.買い目】
単勝:3(1点)
馬単:3→1,2,4,5,6,8,10(7点)
馬連:3-1,2,4,5,6,8,10(7点)








'15-12-27(日) 中山9R ホープフルステークス 2歳G2(芝10F)

中山10F
12 /27 2015
【1.前日馬場傾向】
・スタミナ豊富なヨーロピアン血統が浮上。スピードよりもスタミナの比重が高い馬場。
・内の馬場が良く、外を回ると厳しい。内を回る前の組がしぶとく残れる馬場なので、後ろからでは間に合わない。


【2.想定展開】
(5)(12)と逃げ馬がおり、スローを心配する必要は無い。ごまかしの利かない10Fのスタミナを求められる流れになりそう。


【3.見解】
△1 アドマイヤエイカン
母父フレンチデピュティではあるが、父ハーツクライでスタミナを補完できていると見たい。大型馬で、大トビ・柔らかみのある走り、それに2走前の9F戦では終始外を回りながら勝ち切っており、スタミナへの心配は無い。また、内の良い馬場で最内枠を引けたのもプラス。

○2 プランスシャルマン
現に10F戦勝ちの実績あるし、ジャンポケ産駒でスタミナには不安無し。前走は道悪馬場をこなしてみせたが、ベタ蹄で今のパンパン馬場の方が合う。内の枠を引けたのもプラス。新馬戦では良い瞬発力を見せているのも心強い。

消3 ネコダンサー
頭高めの走りでエネルギー効率の悪い走り。10F以上での実績もなく、スタミナ不足。

消4 オンザロックス
胴短めの体型、10Fで成績を下げている戦績からは、急坂・坂越え2回の10Fをこなせるスタミナがあるかは疑問。

△5 ラブレオ
クリスエス×ダンスの配合で、距離延長の10Fになってパフォーマンスを上げてくる可能性ある。ハナを切れればしぶとい馬で、抑えておきたい。

消6 ハートレー
上のキングリオ(父キンカメ)は短距離ダート馬だったこと、超スローの新馬10Fではキレだけで勝ち切ったことを勘案すると、本質的にはマイルあたりが合いそうな印象。走りもあまり柔らかみのあるタイプではなく、坂超え2回の中山10Fをこなすスタミナには満たないと判断。

△8 バティスティーニ
同配合の上のデウスウルトは10Fも十分こなせているし、この馬自身も10Fを2連勝しているように、スタミナには問題ない。ただ、下見所でうるさい気性、硬い走りと不安点もあるし、2連勝しているが、内容的には平凡。抑えまで。

▽9 ロードクエスト
マイル2戦であまりにも強い戦績、マツリダゴッホ産駒は距離伸びて良いタイプでもないことを勘案すると、距離延長の10Fは不安。それに、出遅れ癖があり、後ろから行く馬なので、前有利な今の馬場では不利な脚質。そんな馬が圧倒的人気なら、軽視して妙味を追いたい。

△10 プレイヤーサムソン
同系配合のプレイヤーハウス(父オペラハウス)は長距離に実績あるし、スタミナには全く不安ない。前走の10F未勝利勝ちの内容は、終始外を回る距離損を勘案すると、強い内容。向正面で一気に位置を押し上げ、終いも突き抜けた持続力を評価できる。

消11 ブレイブスマッシュ
父トーセンファントムのイメージはまだ掴めていないが、戦績からはマイルあたりがベストな印象。下見所でうるさい気性からも、距離延長は心配。

消12 クラウンスカイ
父メイショウボーラー、下見所でうるさい気性、硬めの走りからは短い距離が良いタイプ。

◎13 ブラックスピネル
母モルガナイトは中距離で強かった馬だし、距離に不安は無い。急坂コースで強い競馬を見せてきたパワーも光る。大外枠でも1角までの距離が長いコースなので、持ち前の先行力で前目につければ、内めを距離ロス無く回ってこれそう。


【4.買い目】
単勝:2,13(2点)
馬単:2,13→1,2,5,8,9,10,13(12点)
馬連:2,13-1,2,5,8,9,10,13(11点)
ワイド:2-13(1点)
3連複:2,13-1,5,8,9,10(2頭軸、5点)、2-1,5,8,9,10(1頭軸、10点)、13-1,5,8,9,10(1頭軸、10点)
3連単:2,13→2,13→1,5,8,10(8点)、2,13→1,5,8,10→2,13(8点)








'15-12-20(日) 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 2歳G1(芝8F外)

阪神8F外
12 /20 2015
【1.想定展開】
(12)シュウジが抑えきれず前に行きそうだし、距離延長馬もそれなりにいる。阪神JFと同様、テン速くなり、上がりの掛かる流れを想定して問題なさそう。


【2.コース分析】1212〜1512 古馬500/1000万 芝8F 良馬場限定
①阪神8F外コースは、ディープ産駒が圧倒的に強い。ハーツ産駒は大苦戦。
→今回、ともに該当馬なし


【3.馬場傾向・過去傾向】
①前日の馬場傾向から、3/4角は硬くもは軟らかくもない馬場でやや力を要す。直線は、内回り合流点過ぎから硬めの馬場。内の芝はまだ良い。
→3/4角はやや馬場が悪いのでパワーがそれなりに必要。内の芝はまだ良いので、コーナーをタイトに回ってこれるかはポイント。
②多頭数フルゲート、距離延長馬多数から、テン速く、上がりの掛かる前傾ラップがデフォルト。
※今回延長は苦戦。流れが厳しく、スタミナ必要。

【4.見解】
消1 サイモンゼーレ
体型・血統・戦績ともに短距離タイプ。急流8Fはもたない。

消2 ショウナンライズ
行きたがる馬の距離延長。この鞍上では抑えきれない。

△3 アドマイヤモラール
ジリジリ脚を使って、最後、2,3着に入ってくるイメージを持てるタイプ。抑えておく。"

消4 コパノテ゛ィール
そもそも芝への適正が怪しい。

△5 ウインオスカー
制御の利くタイプが、内の先行馬。上手に競馬すれば、紛れはある。

○6 ユウチェンジ
前走は東京9Fの大外枠で終始外を回らされる距離損があり、直線不利を受けながら2着に入っており、力がある。スタミナも十分の距離短縮馬なのに、全く人気しておらず、妙味十分。

×7 イモータル
鞍上弱化は気になるが、スタミナも足りているし、消すまでには至らない。抑えの抑え。

消8 ツーエムレジェンド
道悪にでもなればこれそうだが、芝の一線級相手は厳しそうなヨーロピアン。

▲9 ボールライトニング
これまで7Fのスロー2戦しか経験がなく、延長8Fの距離延長に対応できるかがポイント。それでも、制御の利くタイプだし、大トビ・柔らかみのある走り、まずまず機敏な歩様からは間違いなく競争能力は高い。前走の京王杯2歳Sは大外枠から外を回らされる距離損ありながら勝ちきっており能力は折り紙つき。それほど人気しておらず、十分買える人気。

◎10 タイセイサミット
一瞬の切れ味はないが、底力&スタミナで差してくるタイプ。流れが締まる今回はキレ不足も気にならない。9F未勝利勝ちで見せた前傾ラップを番手から突き抜けた底力&スタミナ、前走の9Fの東スポ杯は勝負どころの直線で前をカットされながら、終いまた差し返した底力を見せた。前走は外枠で終始外を回る距離損もあってのもので、着差ほど悪い内容ではないのに、人気をしておらず、妙味十分。今回も外人ジョッキーを迎えることができたのも心強い。中心視したい。

△11 エアスピネル
気の強いところがあり、行ってしまう気の荒さを孕む。今の豊Jではこの手の馬が行きたがった場合、抑えこむのに苦労する。折り合えず、終いさっぱりのリスクがある馬を、圧倒的人気で買うのは妙味薄い。抑えまで。

消12 シュウジ
これまで経験した8F2戦(中京2歳・デイリー杯)ともに、スローの流れ。急流8Fは本質的に距離が長いし、右回りだと外にモタれるので左回り向き。上積み要素が無い馬がこの人気なら、消して妙味を追いたい。

消13 シャドウアプローチ
やや行きたがる馬の8F延長に、この鞍上。折り合い欠いて終了。

消14 ハレルヤボーイ
使える脚は短く、一瞬の切れ味で勝負したい小回り向き。阪神外回りは厳しそう。

△15 リオンディーズ
いかにも大物感のある素質馬。行きたがる気性の馬が外枠で、新馬勝ちしかない実績なのに2番人気。来られても仕方がないが、軸にするには妙味薄い。抑えまで。

消16 スリラーインマニラ
短距離のダート馬。


【5.買い目】
単勝:6,9,10(3点)
複勝:6,10(2点)
ワイド:6,10-3,5,6,7,9,10,11,15(13点)
馬連:6,9,10-3,5,6,7,9,10,11,15(18点)
馬単:6,9,10→3,5,6,7,9,10,11,15(21点)
3連複:6,9,10-6,9,10-3,5,6,7,9,10,11,15(2頭軸、16点)











ジャイロ

ラップを主軸に競走馬の血統・体型・走法も勘案して適性を炙り出すスタイルで予想を展開しています。